2018年01月19日(金)
  
世紀の歌姫、宇多田ヒカルが誕生
宇多田ヒカル / 1983年)
世紀の歌姫、宇多田ヒカルが誕生
宇多田ヒカルが米国ニューヨークに生まれる。父親はプロデューサーの宇多田照實、母親は演歌歌手の藤圭子。先に米国で活動した後、1998年、15歳の時に「Automatic」で日本デビュー。いきなりの大ヒットとなり、その後も数々の記録的セールスを生み出している。大人びた楽曲の世界観とは裏腹に、キュートさも残る無邪気なキャラクターでさらなる人気を獲得。2002年には写真家の紀里谷和明と電撃結婚するなど、常に注目を浴びるスターだ。
−2006年12月26日作成−
元モーニング娘。の石川梨華が誕生
石川梨華 / 1985年)
元モーニング娘。の石川梨華が誕生
元モーニング娘。の石川梨華が神奈川県横須賀市に生まれる。2000年に第4期メンバーとしてモー娘。に加入。正統派の美少女にもかかわらず、当初はいまひとつ目立たない存在であったが、テレビ東京系『ハロー!モーニング』で披露した超ぶりっ子キャラクター“チャーミー石川”で大ブレイク。その後はハロー!プロジェクトのエースのひとりとして大活躍だ。歌唱力はお世辞にも高いとはいえないが、まさにチャーミングな存在感で人気を博している。
−2007年12月18日作成−
TBS『ザ・ベストテン』放送開始
久米宏&黒柳徹子 / 1978年)
TBS『ザ・ベストテン』放送開始
TBS系歌謡番組『ザ・ベストテン』放送開始。久米宏と黒柳徹子が司会を務めたこの番組は、純粋な人気ランキングということで松任谷由実や松山千春などテレビ露出の少ない歌手も多数出演した。歌手たちを追いかけて全国津々浦々、時には駅のホームなどからも中継したのは今も昔もベストテンだけ。平成元年9月28日の放送終了までに、小西博之→松下賢次アナ→渡辺正行と男性司会者は変遷。歴代最高得点は西城秀樹「Y.M.C.A.」の9999点。1位獲得数ナンバー1は中森明菜。
−2000年12月22日作成−
NHK『素人のど自慢』が放送開始
NHK / 1946年)
NHKの『素人のど自慢』が放送開始。ラジオでスタートしたこの番組は、当初「のど自慢素人音楽会」だった。第1回目の放送には900人の応募があり、わずか30人が予選を通過した。番組名物の「キンコンカン」という鐘が生まれたのは、司会者が「結構です(=不合格)」と伝えていたのを「合格」と勘違いする人が多かったためだという。同番組は五月みどりなどプロの歌手も輩出している。
−2000年12月22日作成−
松任谷由実が誕生
松任谷由実 / 1954年)
松任谷由実が誕生
ユーミンこと松任谷由実、八王子市に生まれる。裕福な呉服屋に生まれ、多摩美術大学時代には日本画を選考。この環境が、従来のフォークとは違う貧乏くささのない音楽性につながっていったと思われる。多くの女性を共感させたそのシャレた詞の世界だけではなく、呉田軽穂名義での松田聖子らへの楽曲提供など、J-POP界に与えた影響ははかり知れない。今でもまだ、催淫効果もあると言われるイランイランの精油を香らせながら曲を作っているのだろうか……。
−2001年12月25日作成−
生んだフォロワーは数知れず、ジャニス・ジョプリン誕生
生んだフォロワーは数知れず、ジャニス・ジョプリン誕生
伝説のロック・クイーン、ジャニス・ジョプリン、テキサス州に生まれる。故郷の保守的な風土に馴染めず、絵と詞を書くことが好きな孤独な少女だったジャニス。各地を転々としながらクラブで歌い続け、'67年、モンタレー・ポップ・フェスティバルでの全身を震わせながらの熱唱で、一躍全米にその名を知られるようになる。だが、27歳の若さで死去。原因はヘロイン中毒。その強烈な生き様と哀しみに満ちたブルースは、多くのアーティストにリスペクトされている。
−2002年12月25日作成−
歌手/声優として活躍する牧野由依が生まれる
牧野由依 / 1986年)
歌手/声優として活躍する牧野由依が生まれる
1986年1月19日、歌手・ピアニスト・声優として活躍する牧野由依が東京都に生まれる。幼少時、岩井俊二に見出され、『リリイ・シュシュのすべて』サントラ盤などでピアノ演奏を披露。その後、2005年にTVアニメ『創聖のアクエリオン』EDテーマ「オムナ マグニ」(作曲・菅野よう子)で本格的な音楽活動を開始する。2006年には1stアルバム『天球の音楽』を発表。また声優としても活躍しており、主な作品として『ツバサ・クロニクル』のサクラ、『ぼくらの』の往住愛子(アンコ)、『宇宙をかける少女』の河合ほのか、『N・H・Kにようこそ!』の中原岬などが知られている。
−2009年01月15日作成−
殺陣師、久世竜の誕生日
久世浩 / 1908年)
1908年、久世竜が愛媛県に生まれる。当初は俳優・岬弦太郎の名で活躍。殺陣に開眼してからは殺陣師・久世竜として数々の映画で殺陣を指導。特に黒澤明監督の信頼は厚く、『隠し砦の三悪人』以降5作品で殺陣を手がけている。『椿三十郎』での立ち回りは映画史に残るものとなった。同監督『乱』の撮影中、死去。享年76。死してなお、殺陣界に影響を及ぼし続けている殺陣師中の殺陣師。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:ジョンがロックの殿堂入りを果たす。
ザ・ビートルズ / 1994年)
ビートルズ365:ジョンがロックの殿堂入りを果たす。
ジョンがロックの殿堂入りを果たし、ニューヨークで行なわれたセレモニーにはポール、ヨーコ、ジュリアンとショーンが出席した。ビートルズ解散以後、ポールとヨーコが公式の場にそろって出席するのは初めてのことで、大きな話題となった。また、ポールはこの席においてジョージとリンゴとのレコーディングを正式に発表した。ビートルズが88年に、ポールとジョージ・マーティンが99年に、ジョージが2004年にそれぞれロックの殿堂入りを果たしている。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015