2018年08月02日(木)
  
雛形あきこが歌手デビュー
雛形あきこ / 1995年)
雛形あきこがシングル「笑顔の予感」で歌手デビューを果たす。プロデュースは浅倉大介。幼い顔立ちとは裏腹な巨乳、体を前屈みにし、その胸を強調する“雛ポーズ”でグラビア界を席捲、すでにその人気は非常に高いものがあった。ちょっと不安定な歌唱もそれはそれで可愛らしいイメージだったのだが、90年代中盤といえば女性アイドルのCDは売れない時代。大きなヒットとはならなかった。が、その後のハジけたような活躍ぶりはご存知の通り。
−2006年07月25日作成−
トラフィックのドラマー、ジム・キャパルディが誕生
ジム・キャパルディ / 1944年)
トラフィックのドラマー、ジム・キャパルディが誕生
スティーヴ・ウィンウッド率いるトラフィックで活躍したドラマー、ジム・キャパルディが英国に生まれる。本名はニコラ・ジェイムス・キャパルディ。幼い頃は、音楽教師だった父親から歌とピアノを習い、10代になるとドラムをプレイしはじめたという。60年代初頭からローカル・グループで活動を開始、67年にウィンウッドらと合流し、トラフィックとして成功を収める。解散後はソロとしても活躍し、渋味のある英国ロックをプレイしていた。2005年に死去。
−2007年07月26日作成−
ロッカーたちを魅了した作家ウィリアム・バロウズ死去
デヴィッド・ボウイ、U2、R.E.M.らもリスぺクトする作家ウィリアム・バロウズが、カンサスの自宅で心臓発作のため死去。享年83。ありとあらゆるドラッグを試し、少年期から一貫したホモ・セクシュアル。ゲイのくせに結婚したと思ったら奥さんを射殺し、逮捕されたらすぐに逃げだし、アフリカに蟄居。そんなドラッグの影響下で作品を書き、さまざまなサンプリングを重ねた彼の手法は、多くのミュージシャンたちに影響を与えた。
−2000年07月14日作成−
スガ シカオ、異色の爽快ソング「SPIRIT」発売
スガ シカオ / 2000年)
スガ シカオ、異色の爽快ソング「SPIRIT」発売
スガ シカオ、同年上半期のダメな自分を吹き飛ばすために、シングル「SPIRIT」リリース。朝起きてすぐ酒飲んで吐くという、ダメダメな生活を送っていたというスガが“無理をしてでも明るい曲を”と、自分に活を入れるために作ったというこの曲。暗めな歌が多いスガ楽曲においては、異色ともいえる爽やかな明るさで、オリコン最高順17位を記録(オリコン順位で見れば、それまでで一番のヒット)した。
−2001年07月25日作成−
伝説のオールナイト・ライヴ“つま恋”開催
吉田拓郎、かぐや姫 / 1975年)
伝説のオールナイト・ライヴ“つま恋”開催
日本のフォーク史上に残るオールナイト・ライヴ“吉田拓郎・かぐや姫 イン つま恋”が、静岡県のつま恋にて開催。集まったファンの人数は、開催地である掛川市の人口に匹敵する6万人。拓郎の「朝までやるよ!」という一言で始まったこのライヴは、2日の昼過ぎから開始され、終わったのは3日の夜明け。人気絶頂の拓郎は一晩で59曲、この一晩だけ再結成したかぐや姫は「神田川」など26曲を熱唱した。声が枯れた拓郎と6万人の観衆が、夜明けに向かって数十分歌う「人間なんて」は、まさに感動のクライマックスだったという。
−2002年07月25日作成−
声優・速水奨誕生
速水奨 / 1958年)
声優・速水奨誕生
1958年8月2日生まれ。日本の男性俳優、声優、歌手。大沢事務所所属。「男を腰抜けにさせる声」と称された声の持ち味。その声質から知的な二枚目役が多いが、狂気をはらんだ役や、潰したような“怪物声”を用いた役など、幅広く演じ分けている。声優としての活動以外ではドラマCD『Super Stylish Doctors Story(S.S.D.S)』シリーズの原作も手がけており自身も主人公として出演、作詞なども手がけている。
−2008年08月01日作成−
『パイレーツ・オブ・カリビアン』が公開された日
ジョニー・デップ / 2003年)
『パイレーツ・オブ・カリビアン』が公開された日
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の公開が始まる。ディズニーランドの人気アトラクション“カリブの海賊”をモチーフにしたアクション・アドベンチャー超大作。海賊“ジャック・スパロウ”役のジョニー・デップをはじめ、オーランド・ブルームやキーラ・ナイトレイなど、若手人気俳優の出演が話題を呼んだ。なおシリーズ最終章となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』にはジャックの父親役として、ザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズが出演している。
−2007年07月10日作成−
ビートルズ365:ジョージとパティ、ラヴィ・シャンカールの学校を訪問。
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:ジョージとパティ、ラヴィ・シャンカールの学校を訪問。
ジョージとパティ、ロサンゼルスにあるラヴィ・シャンカールのシタール学校を訪問する。ジョージとラヴィ・シャンカールは66年、ロンドンのパーティーで出会った。ビートルズのメンバーのなかでも最もインド音楽に熱心だったジョージは、ラヴィ・シャンカールに弟子入り。「彼は本気でインドで修行する決心をした。彼のまじめさに私も本気で教えたくなった」という。ちなみにラヴィ・シャンカールはノラ・ジョーンズの実の父親である。
−2006年07月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015