2019年05月04日(土)
  
本職はブルース・シンガー、近藤房之助が誕生
近藤房之助 / 1951年)
本職はブルース・シンガー、近藤房之助が誕生
近藤房之助が愛知県に生まれる。BREAK DOWNというバンドでの活動を経て、90年にソロ・デビュー。同じ年にB.B.クィーンズの一員として「おどるポンポコリン」をリリースした。フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディング曲だったこのコミカルなナンバーが大ヒット、サングラスに口ひげという姿と、本職であるブルース・ミュージシャンとしてのディープな歌声とのギャップが良い相乗効果を生み、彼の名は一気に知れ渡った。
−2006年04月24日作成−
グランド・ファンクの「ロコモーション」が全米No.1
グランド・ファンクの「ロコモーション」が全米No.1
グランド・ファンクの「ロコモーション」が全米シングル・チャートで1位に輝く。キャロル・キングとジェリー・ゴフィンが手掛け、女性シンガーのリトル・エヴァが62年に大ヒットさせたこのキュートなナンバーを、米ハード・ロック界を代表するラウドなバンドが見事に自己流でカヴァー。オリジナルのキャッチーさを残しつつ、バンドの持つ男臭さとやかましさが融合した好ヴァージョンに仕上げている。80年代にはカイリー・ミノーグのヴァージョンも大ヒットした。
−2007年04月26日作成−
バンドマンに支持される英国市長誕生
バンドマンに支持される英国市長誕生
ファットボーイ・スリム(FBS)、ブラー、アンダーワールドなど、多くのアーティストたちに支持されるケン・リヴィングストーン候補が、ロンドン市長選に勝利。新市長となる。新労働党の腐敗を暴き、ドラッグ合法化に強く反対する無頼派のケン氏。彼の選挙資金約1億円を、FBSらがチャリティイベントでサポートし、イベントではケン氏がクラッシュの「London Calling」を熱唱する一場面も。ちなみにこの選挙には、元セックス・ピストルズの黒幕、マルコム・マクラーレンも出馬したとか。
−2001年04月23日作成−
ママドルとしても活躍。菊池桃子、誕生
菊池桃子 / 1968年)
ママドルとしても活躍。菊池桃子、誕生
アイドル・菊池桃子、東京都に生まれる。デビューは'84年青春映画『パンツの穴』。その後歌手としてもデビューし、「もう逢えないかもしれない」などをヒットさせトップアイドルとなる。そして'88年、伝説の(?)ロック・バンド、ラ・ムーを結成。外人メンバーと一緒になって、不思議な振りで踊り歌う彼女に、びっくりしたファンも少なくなかった。その後、プロゴルファーの西川哲(母:五月みどり)と結婚し、母親に。お弁当本なども出版し、ママドルとしてマイペースに活動を続ける。
−2002年04月24日作成−
ロックというよりポップス? 双子のGARDEN誕生
GARDEN / 1959年)
日本ロック界屈指の双子グループ、GARDENの嶋田衛・繁、神奈川県横須賀にて生まれる。6歳の頃、ベンチャーズを聴いてロックに目覚める。学生時代はストーンズなどのコピーに熱中。'92年「リダイヤル」でデビュー。デビュー後はCMソングを数多く手掛ける。キリン「きりり」や「じょんのび」、三井不動産「パークホームズ」など、おそらくどんな人も知らず知らずにその歌声を聴いているはず。また、織田裕二とマキシ・プリーストが歌うドラマ『踊る大捜査線』の主題歌「Love Somebody」の作曲も担当。
−2003年04月25日作成−
声優の江原正士が生まれる
江原正士 / 1953年)
声優の江原正士が生まれる
1953年5月4日、声優/俳優/ナレーターとして活躍する江原正士が神奈川県に生まれる。洋画吹き替えでは近年、トム・ハンクスの声としてお馴染み。そのほか、ロビン・ウィリアムス、ウェズリー・スナイプス、ビル・マーレー、アンディ・ガルシアらも担当。平成の洋画吹き替えを代表する声優の一人である。アニメでは『NARUTO -ナルト-』のマイト・ガイ、『灼眼のシャナ』のアラストール、『EAT-MAN』のボルト・クランクなどが代表作として知られる。
−2009年04月30日作成−
“世界の涯”を目指した男、寺山修司死去
寺山修司 / 1983年)
寺山修司が48歳で死去。1967年に横尾忠則、萩原朔美とともに劇団天井桟敷を旗揚げ、『奴婢訓』『書を捨てよ町へ出よう』など、実験的な演劇活動を展開。海外公演も多く、日本の演劇人として世界でも多大な影響を与えた一人。学生時代にボクシングを習っていたこともあり、映画『ボクサー』を撮ったほか、人気漫画「あしたのジョー」の登場人物・力石徹の“葬儀”で葬儀委員長を務めるほど。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、ティッテンハースト・パークに大豪邸を購入。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:ジョンとヨーコ、ティッテンハースト・パークに大豪邸を購入。
ジョンとヨーコ、ティッテンハースト・パークに大邸宅を購入。ベッドルームが7つ、バスルームが4つ、画廊、チューダー王朝スタイルのティー・ルーム、それにテニスコートやクリケット場などを備えた広大な庭つきの大邸宅だった。ここで『ヘイ・ジュード』のジャケット撮影(ビートルズ4人集まっての最後のフォト・セッション)が行なわれたり、ジョンのアルバム『イマジン』がレコーディングされた。のちにジョンはここを売りに出すのだが、購入したのはリンゴ。リンゴはT-REXの映画『ボーン・トゥ・ブギー』の撮影でこの邸宅を使用している。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015