2019年06月01日(土)
  
燻し銀のギタリスト、ロン・ウッドが誕生
ロン・ウッド / 1947年)
燻し銀のギタリスト、ロン・ウッドが誕生
英国人ギタリスト、ロン・ウッドがロンドンに生まれる。トランペットやバンジョーなど、いろいろな楽器を試したみたが、兄弟からバカにされるほど上手くいかなかったらしい。が、ギターこそが自分の楽器だと悟るや、ミュージシャンとして邁進。ジェフ・ベック・グループ、フェイセズ、そしてザ・ローリング・ストーンズと、偉大なバンドで活躍するにまで至った。絵の才能があることでも有名だが、若い頃はアート・スクールに通っていたこともある。
−2006年05月26日作成−
パット・ブーンが誕生
パット・ブーン / 1934年)
パット・ブーンが誕生
米国ポピュラー・ミュージック界の大御所、パット・ブーンがフロリダ州ジャクソンヴィルに生まれる。本名はチャールズ・ユージン・パトリック・ブーン。西部開拓時代の英雄、ダニエル・ブーンは彼の先祖に当たるらしい。50年代から活動し、「砂に書いたラブレター」など、ヒット曲は多数。清潔感のある優等生的イメージが持ち味だが、97年には何故かヘヴィ・メタルのカヴァー集『メタルバカ一代!!』をリリースし、イロイロと話題になった。
−2007年05月29日作成−
ミスチル、大ヒット曲「イノセントワールド」を発売
Mr.Children / 1994年)
ミスチル、大ヒット曲「イノセントワールド」を発売
Mr.Chiledrenが大ヒット5thシングル「イノセントワールド」を発売。この曲が生まれたのは、ホテル・ヒルトンのスイート・ルーム。桜井和寿が、プロデューサー小林武史と協力して、そのベーシックな部分を完成させた。当初の曲名は「イノセントブルー」。歌詞も次第に変化していき、歌い出しも当初は「少しだけ疲れたな/肩に重いプレスを/乗せていたような」だった。
−2001年05月25日作成−
日本初のアーティストによるレコード会社、フォーライフ設立
日本初のアーティストによるレコード会社、フォーライフ設立
フォーク全盛期の'75年、小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるらによって作られたレコード会社、フォーライフが営業を開始。設立当時の社長は小室等。4名による無記名投票によって小室が就任したものの、氏は4票を獲得し、「なんだ、てめえでてめえの名前書きやがったな」と言われたという。発足当初は営業的に苦しかったものの、その後「オールナイターズ」や「わらべ」などの曲が大ヒット。しかし、拓郎や泉谷など大物アーティストが移籍し、陽水が孤軍奮闘していたものの、2001年12月、その27年の歴史に幕を閉じた。
−2002年05月27日作成−
魂の悲鳴をあげる歌姫、アラニス・モリセット誕生
魂の悲鳴をあげる歌姫、アラニス・モリセット誕生
たまった感情を吐き出す作品を、常に生みだすアラニス・モリセット。生まれは1974年カナダのオタワ市。9歳で作曲をはじめたが、10歳で子役としてデビュー。そのギャラで自主レーベルを立ち上げ、シングルを発表した。'91年にトロントへ移住し、ファースト・アルバム『アラニス』をリリース、10万枚以上を売り上げる。彼女の登場以来「怒れる女性シンガー」はブームに。だがこの後、彼女は人間不信と精神不安定に陥ってしまう。グラミー賞を受賞する『ジャグド・リトル・ピル』を出したのは'95年。アラニス21歳のときだった。
−2003年05月27日作成−
常に前衛。デヴィッド・ボウイ、デビュー・アルバムをリリース
デビッド・ボウイ / 1967年)
常に前衛。デヴィッド・ボウイ、デビュー・アルバムをリリース
実験的な姿勢で常に変化を続けるデビッド・ボウイが、デビュー・アルバム『デビッド・ボウイ』をリリース。当時、彼はチベット仏教に傾倒し、難民救済活動を行なうソサエティにも参加していたという。このアルバムの売り上げは芳しくなく、ボウイが売れ出すのは1969年に発表されたシングル「スペース・オディティー」から。それまでの2年間、彼は短編映画に出演したり、パントマイムを習っていた。ボウイの演技への情熱はその後も続き、演劇や映画にも参加。代表作では大島渚監督『戦場のメリークリスマス』('83)がある。
−2003年05月27日作成−
『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー死す
(????年)
『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー死す
銀河系を舞台にしたSFアニメ『銀河英雄伝説』の自由惑星同盟側の主人公。物語の語り部的存在。自由惑星同盟最高の名将で、「奇跡のヤン」「魔術師ヤン」と呼ばれる。本来は歴史家志望で常に退役を望んでいるが、その意思とは裏腹に武勲を立て続ける。そんな矢先ヤンの暗殺計画があるという情報が入る。ヤンを救おうと必死になるユリアン。しかし、ユリアンは血溜まりの中眠るヤンを発見する。死後も共和主義者の英雄と祭り上げられた。
−2008年05月29日作成−
渋いデカ役がとにかく似合う!モーガン・フリーマン誕生
渋いデカ役がとにかく似合う!モーガン・フリーマン誕生
モーガン・フリーマンが米国メンフィスに生まれる。遅咲きの俳優として有名だが、若い頃苦労した経験が、彼独自の渋みや味につながっているのかもしれない。2004年、クリント・イーストウッド監督の映画『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。その風貌はハリウッド版いかりや長介と称されることもしばしば、圧倒的な存在感で今も観る者を魅了し続ける。
−2007年05月22日作成−
ビートルズ365:アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』発売
ザ・ビートルズ / 1967年)
ビートルズ365:アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』発売
アルバム『サージェント・ペパーズ・・・』英国で発売(米国では2日、日本では7月5日)。全英で22週連続1位、全米でも15週連続1位を記録。日本での最高位は34位であった。67年度のグラミー賞で最優秀アルバム賞、最優秀コンテンポラリー・アルバム賞、最優秀レコーディング・エンジニア賞(ジェフ・エメリック)、最優秀アルバム・カヴァー賞の4部門で受賞。授賞式には、インドから帰国していたリンゴが代表して出席した。また、このアルバムから英米同内容でのアルバム発売となった(厳密に言えばこのアルバムの米国盤には、英国盤B面の最後の溝に刻まれた喋り声は収録されていない)。
−2006年05月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015