2019年08月13日(火)
  
いつの間にやら“カッコ良い女性”、篠原涼子が誕生
篠原涼子 / 1973年)
いつの間にやら“カッコ良い女性”、篠原涼子が誕生
女優の篠原涼子が群馬県に生まれる。1990年に東京パフォーマンスドールの一員としてデビューし、フジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』でブレイク。94年にはシングル「恋しさとせつなさと心強さと」が大ヒットを記録した。2000年代に入ると女優として大活躍、数々のドラマに出演し、人気を不動のものに。同性からカッコ良い女性として羨望の眼差しを集めるが、『ごっつ』世代にしてみれば“アホの涼子”のイメージが強いんだよねぇ。
−2006年07月25日作成−
バラエティでもお馴染みに、高橋ジョージが誕生
高橋ジョージ / 1958年)
バラエティでもお馴染みに、高橋ジョージが誕生
「ロード」のヒットで知られるTHE 虎舞竜のフロントマン、高橋ジョージが宮城県に生まれる。叙事詩とも言える「ロード」の内容、バッチリ決めたリーゼントといったイメージから、かつては硬派という印象が強かった。が、1998年に三船美佳(当時16歳)と24歳の年齢差を乗り越えて結婚して以降、バラエティ番組でもお馴染みの顔になる。とはいえ、その後も音楽活動はしっかりと継続しており、バンドでもライヴを行なっているのだった。
−2007年07月26日作成−
浪速の歌姫ヤイコ、英国のフェスに出演
矢井田瞳 / 2000年)
浪速の歌姫ヤイコ、英国のフェスに出演
同年7月にメジャー・デビューしたばかりのヤイコこと矢井田瞳が、英国のマンチェスターで行なわれた大規模な音楽フェスティバルに、日本人として始めて参加した。その翌月、英国で正式デビューするヤイコにとっては英国での反応を見るためのいわば腕試し的なライヴであったが、結果は見事成功。演奏後、会場からはYAIKOコールがかかり取材陣が殺到したという。その後、同月30日には単独ライヴも行ない、こちらも見事にこなし、海外での順調なスタートとなった。
−2001年07月25日作成−
アメリカでアニメ『バンビ』が公開される
(1942年)
1923年に発表されたフェーリクス・ザルテンの動物文学小説を原作とするウォルト・ディズニー・カンパニーによるアニメーション映画。1942年8月13日公開(米国)。困難の中で成長する物語をノロジカの雄の子供バンビの視点から描いている。それまでの動物文学と異なり、人間とは異なる動物の視点から周囲の動物や環境、人間を見るまなざしを巧みに表現している。なおアニメ版では、舞台は北アメリカ大陸に、また、主人公のバンビはヨーロッパの小型のノロジカから、北米の大型のアカシカに置き換えられている。
−2008年08月11日作成−
『デトロイト・ロック・シティ』が全米公開
映画『デトロイト・ロック・シティ』の全米公開が始まる。ロック・バンド“KISS”のライヴに何とか潜り込もうとする高校生4人組の青春ロック・コメディ。主演は『ターミネーター2』『アメリカン・ヒストリーX』で好演を見せたエドワード・ファーロング、さらにKISS本人たちも最後のライヴ・シーンに出演している。製作にはジーン・シモンズも参加。全編にわたってKISSサウンドが楽しめるという、ファンにはたまらない一作。
−2007年07月10日作成−
ビートルズ365:ビートルズのレコード焼き討ちが行なわれる。
ザ・ビートルズ / 1966年)
ビートルズ365:ビートルズのレコード焼き討ちが行なわれる。
テキサスのラジオ局がビートルズのレコードやグッズを焼き討ちにした。ことの発端は、ジョンの「キリスト教」に関する発言。このレコードやグッズの焼き討ちはラジオで実況中継もされたそうだ(ビートルズの楽曲の代わりに放送したとか)。この焼き討ちの写真は後にトッド・ラングレンがアルバム『SWING TO THE RIGHT』のジャケットにてパロディにした(燃えさかる炎を前に子供がレコードを持ち、レポーターがマイクを持って中継している写真)。しかも、そのジャケット内で子供が手にしているのがそのアルバムで、その中にもこのジャケの写真がと延々と続くという合わせ鏡的なデザインになっていた。
−2006年07月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015