普遍的な“グッド・ミュージック”とは──スウェーデン生まれのハウス・クリエイター、ラスマス・フェイバーが来日!

RASMUS FABER   2008/11/28掲載
はてなブックマークに追加
 ジャズ・ピアニストとしてのバックグラウンドを持ちながら、ハウス・シーンのトップ・クリエイターとして、今や世界各国のフロアをロックする存在となったラスマス・フェイバー。確固たるコンセプトのもとに制作された、記念すべき“オリジナル・ファースト・アルバム”『Where We Belong』を発表、一夜限りのリリース・パーティのために来日を果たした彼に話を訊いた。




 「“良いアルバムを作りたい”っていう最初のプラン通りでありながら、エモーショナルで自分の想像以上に情景や映像が浮かぶ音作りができたと思うよ」と、待望のフル・アルバム『Where We Belong』を完成させたスウェーデン生まれのハウス・クリエイター、ラスマス・フェイバーは、本作について語る。
 いわゆるクラブ系と呼ばれるアーティストの多くは、12インチなどフロアでの機能を基準にした作品作りを行なっており、ラスマス自身も数多くのシングル、そして『So Far』 『To Far』という2枚のシングル集的なアルバムをリリースし、ヒットさせてきた。しかし今回、ラスマスは“アルバム”という意識よりも大きな意図で、彼自身の音世界を構築していった。
 「今回は考える前に自然に浮かんでくるようなメロディやアイディア、かつ今までにやったことのないフレッシュさを意識したんだ。シングルはフロアでかかる前提としては機能的だけれど、アルバムにはそういった機能を超えた音楽的な自由度が存在すると思うんだ。僕の場合シングルはまずコンセプトを立ててから作るんだけど、今回のアルバムはアルバム自体が一つのコンセプトだから、より自由に音楽を生み出すことができたね」


 その意味では、アルバム単位で一つの大きな物語を描くという伝統的な作品作りだったと言えるだろう。
 「スタイルやジャンルに固執しないで、時間や国境、年代を超えた、誰もが共感できるような深い感情を呼び覚ます作品を作りたかったんだ。だからこのアルバムで避けたのは、いわゆる今っぽいハウスを作ること。トレンドを意識して今だけアピールするものではなく、できる限りタイムレスで普遍的な作品を作ろうと思ったんだ。同時にハウスという枠組みを使うことによって、アルバムを一枚の絵のように、ぼやけずに収めることができたと思うよ」


 たしかにこのアルバムから感じるのは、ハウス・ミュージックという基礎は存在しながらも、着地点にあるのは普遍的な“グッド・ミュージック”という音楽性だ。リスナーの心を優しく包むような心地よいメロディ、それが作品の背骨としてアルバムを支えている。
 「心地よいメロディなのは……それは僕が穏やかな人間だからじゃないかな(笑)。だけどメロディを重要にしている意識はないんだ。良いメロディを作ること自体が僕にとって普通のこと。いわゆるダンス・ミュージックという枠の中じゃなくて、もっと広い音楽と比べても遜色のないクオリティの作品を作りたいから、それは当然のことだよね。ブラック・ミュージックの影響を感じるんだとしたら、ハウス・クリエイター以前に自分の基礎にあるジャズやソウルの影響かもしれないし、そういう音楽的背景は自然に表われてしまうものだね。ハウス・リスナーと同時に、そういったジャンルに触れていない層にまで音楽を届けたいというのが僕の使命だと思っているから、オープンな気持ちでこの作品を受け取ってもらえると嬉しいね」



取材・文/高木晋一郎(2008年11月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015