ザ・ビートルズ   2009/09/08掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖! ****【衝撃度】付き****(6)


イエロー・サブマリンイエロー・サブマリン
YELLOW SUBMARINE

(TOCP-71012/1969年1月発売)
01.イエロー・サブマリン
Yellow Submarine
Lennon-McCartney
ポールが中心になって書き、リンゴの代名詞となった曲。『リボルバー』収録ヴァージョン同様、海の音のサウンドエフェクトの臨場感が増し、間奏のSEもクリアに。
02.オンリー・ア・ノーザン・ソング
Only A Northern Song
Harrison
ジョージ作のサイケな曲。ポールのベースと、パーカッションやトランペットが目立っている。この曲もリアル・ステレオ・ヴァージョンはないが、全体的にクリアな音像になった。
03.オール・トゥゲザー・ナウ
All Together Now
Lennon-McCartney
ポールが書いた単純でコミカルな数え唄。ポールのヴォーカルと4人のハーモニーが表情豊かになり、ジョンの生ギター、ポールのベースも歯切れ良く、開放的な仕上がりに。
04.ヘイ・ブルドッグ
Hey Bulldog
Lennon-McCartney
激しいギター・リフが印象的なジョン作のハード・ロック。ジョンのピアノ、ポールのベース、ジョージのエレキ・ギターともにパワフルで力強いサウンドに。
05.イッツ・オール・トゥー・マッチ
It's All Too Much
Harrison
ジョージがドラッグ体験での“悟り”を歌い込んだサイケな曲。ジョージのエレキ・ギターとポールのベースをはじめ全体的に強靭かつ過激さが増し、さらに混沌としたサウンドに。
06.オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ(愛こそはすべて)
All You Need Is Love
Lennon-McCartney
ジョンが書いたメッセージ・ソング。『マジカル・ミステリー・ツアー』収録ヴァージョン同様、ジョンのヴォーカルが前面に出て、ポールのベースとストリングスもクリアに。

※07〜13はジョージ・マーティン・オーケストラの演奏
07.ペパーランド/Pepperland
08.シー・オブ・タイム/Sea Of Time
09.シー・オブ・ホールズ/Sea Of Holes
10.シー・オブ・モンスターズ/Sea Of Monsters
11.マーチ・オブ・ザ・ミーニーズ/March Of The Meanies
12.ペパーランド・レイド・ウエスト/Pepperland Laid Waste
13.イエロー・サブマリン・イン・ペパーランド/Yellow Submarine In Pepperland





アビイ・ロードアビイ・ロード
ABBEY ROAD

(TOCP-71013/1969年9月発売)
01.カム・トゥゲザー
Come Together
Lennon-McCartney
ジョンがチャック・ベリーの曲にヒントを得て書いたファンキーな傑作。ポールのベースが大きい。イントロに入っているパーカッション系の音やリンゴのドラムもはっきり聞こえる。
02.サムシング
Something
Harrison
初めてシングルA面に収録されたジョージの傑作。ジョージのヴォーカルがまろやかになり、リンゴのドラムとハイアットの響きがクリアになっている。
03.マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
Maxwell's Silver Hammer
Lennon-McCartney
ポールお得意の物語風の作品で、ポールはモーグ・シンセサイザーも手掛けている。ポールのベースとリンゴのドラムがクリアに。
04.オー!ダーリン
Oh! Darling
Lennon-McCartney
ポールの激しいシャウトが聴けるポール作のオールド・スタイルのロック・ナンバー。リンゴのドラムがさらに力強く響くようになった。
05.オクトパス・ガーデン
Octopus's Garden
Starkey
リンゴがジョージの助けを借りて書いた2曲目。ジョンのエレキ・ギターのアルペジオ、間奏のSEとコーラスなどがクリアになっている。
06.アイ・ウォント・ユー
I Want You (She's So Heavy)
Lennon-McCartney
ジョンがヨーコへの想いをストレートに歌ったブルース調のヘヴィ・ロック。ポールのベースがよりパワフルに、重厚に聞こえる。リンゴのドラムもクリア。
07.ヒア・カムズ・ザ・サン
Here Comes The Sun
Harrison
ジョージ作の軽快なアコースティック作品。ジョージの生ギターは一部クリアになるところがあり、間奏のジョージのシンセサイザーも明快に。ポールのベースも前面に出ている。
08.ビコーズ
Because
Lennon-McCartney
ジョンの繊細な作品。モーグ・シンセサイザーを使った最初の曲でもある。3人のハーモニーにエコーがかかっているのがわかる。ジョージ・マーティンのハープシコードもクリア。
09.ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
You Never Give Me Your Money
Lennon-McCartney
アップルの財政悪化についてポールが書いた曲。ポールの中盤のヴォーカルがまろやかでクリア。ジョージのエレキ・ギターとポールのピアノもはっきり聴き取れる。
10.サン・キング
Sun King
Lennon-McCartney
ジョンがフリートウッド・マックの「アルバトロス」に影響を受けて書いた曲。イントロの鈴虫の鳴き声のようなSEとリンゴのパーカッションが目立って聞こえる。
11.ミーン・ミスター・マスタード
Mean Mr. Mustard
Lennon-McCartney
ジョンがインドで作ったナンセンスな曲をメドレーの1曲として取り込む。ポールのファズベースのような強靭な音とリンゴのタンバリンがクリアに。
12.ポリシーン・パン
Polythene Pam
Lennon-McCartney
これもジョンがインドで書いた曲。ジョンがリヴァプール訛りで歌っている。ジョンの生ギターの響きが良く、リンゴのドラムの連打は残響音が強く残っている。
13.シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
She Came In Through The Bathroom Window
Lennon-McCartney
ポール作の軽快な作品。ポールのベースとリンゴのタンバリンやパーカッションが目立つ。ジョンの生ギターとジョージのエレキ・ギターのコンビネーションもいい響きだ。
14.ゴールデン・スランバー
Golden Slumbers
Lennon-McCartney
16世紀の子守唄をヒントにポールが書いたバラード。エコーの少しかかったポールの歌声に膨らみが出た。ポールのシャウトする場面も、こんなに艶かしい声を聴いたのは初めて。
15.キャリー・ザット・ウェイト
Carry That Weight
Lennon-McCartney
「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」のメロディを組み込んだポールならではの曲構成が冴えた1曲。ジョージのエレキ・ギターとストリングスの響きが目立っている。
16.ジ・エンド
The End
Lennon-McCartney
リンゴ初のドラム・ソロや3人のギター・バトルを披露したあと、“最後の言葉”を告げる。ドラム・ソロやタム、スネアなどを含めてリンゴのドラミングの妙技をさらに堪能できる。
17.ハー・マジェスティ
Her Majesty
Lennon-McCartney
そしてポールがひとり生ギターを抱えてアンコールで登場し、女王陛下に“一言”。ポールの生ギターの高音の爪弾きがさらに伝わるような響きになった(ような気がする)。


文/藤本国彦
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015