ニュース

クッキーシーンがムック第2弾『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』を発売!

2011/06/02 15:02掲載
はてなブックマークに追加
クッキーシーンがムック第2弾『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』を発売!
 1997年3月から2009年12月まで「雑誌」という形で、さまざまな音楽ファンからミュージシャンにまで愛読された音楽メディア、クッキーシーン(Cookie Scene)。現在ウェブ・マガジン(www.cookiescene.jp)としても活躍する彼らですが、待望のムック・シリーズ第2弾となるCookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』が本日6月2日に発売となりました!

 本書『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』は、ノエル・ギャラガーに「あんたの顔はジミー・ペイジか!」と会った瞬間突っ込まれた過去を持つ伊藤英嗣氏の監修による一冊で、かつてのクッキーシーンを思わせる両面表紙仕様に!

 サイドAでは、2010年〜2011年のロック&ポップ・ミュージックにクッキーシーンならではの切り口で迫った特集をフィーチャー。2011年上半期のオススメ・ディスク105枚+2010年のオススメ・ディスク200枚を厳選して解説し、“テン年代”と呼ばれる新たなディケイドの始まりにおける音楽シーンの状況を鋭く検証。定番ディスクから隠れた名盤までを取り上げています。

 2011年の登場アーティストは、ザ・ヴァクシーンズアークティック・モンキーズデス・キャブ・フォー・キューティースミス・ウエスタンズジェイムス・ブレイクザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートザ・ストロークス、YUCK、ボン・イヴェール、グラスヴェガスMONOBRIGHTブリティッシュ・シー・パワー、ノア・アンド・ザ・ホエール、TV・オン・ザ・レディオほか。

 2010年の登場アーティストは、ザ・ドラムスASIAN KUNG-FU GENERATIONスーパーチャンクアーケイド・ファイアカニエ・ウェスト神聖かまってちゃんMGMT、マグネティック・マン、リトル・バーリーティーンエイジ・ファンクラブベル・アンド・セバスチャンLCDサウンドシステム相対性理論ザ・ナショナル放課後ティータイムヴァンパイア・ウィークエンドヨンシーOGRE YOU ASSHOLEエドウィン・コリンズほか。

 さらに巻頭特集では、ナールズ・バークレイのメンバーにしてベックゴリラズのプロデュースでも知られるデンジャー・マウスとイタリアのクセモノ映画音楽家ダニエル・ルッピが、元ホワイト・ストライプスジャック・ホワイトノラ・ジョーンズを迎えて制作した架空のサウンドトラック・アルバム『ローマ』を徹底分析。本邦初(?)デンジャー・マウスその人にスポットをあて、ザ・シンズのジェイムズとのユニット、ブロークン・ベルズや、スパークルホースデヴィッド・リンチとのプロジェクト『ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル』など関連作を交え、彼の音楽性と素顔に迫っています。

 サイドAAでは、2010年〜2011年の音楽シーンを語る上でのキーワードになりそうな“セカンド・サマー・オブ・ラヴ”“ポスト・パンク”“'80sロック”という3つの要素を大特集!

 “セカンド・サマー・オブ・ラヴ”を特集した「Second Summer Of Love Again」では、先日『スクリーマデリカ』20周年記念盤をリリースしたプライマル・スクリームニュー・オーダーのロング・アーティクル、そして伊藤英嗣氏と久保憲司氏のなぜか不思議とドラッグの香り漂うクレイジー極まりない対談をフィーチャー! 「インディー・ダンス」〜「マンチェスター・サウンド」を生んだ当ムーヴメントに迫ります。

 “ポスト・パンク”を特集した「Dig Post Punk」では、ザ・ポップ・グループPILワイアーの来日を控え、よりいっそう盛り上がりをみせるポスト・パンクの魅力を再検証! スティーヴン・キングも真っ青の()くくりを多用しつつも情熱に満ちた伊藤英嗣のポスト・パンク論のほか、ザ・ポップ・グループ、スロビング・グリッスルギャング・オブ・フォーのインタビュー・アーティクルをフィーチャー。

 さらに、bloodthirsty butchers吉村秀樹ロマンポルシェ。の二組による謎のポスト・パンク怪談も!

 “'80sロック”を特集した「'80s Rock Now」では、80年代から活躍するバンドたちが近年見事な新作をたてつづけにリリースしていることに着目し、素晴らしきベテラン・ロック・アーティストたちを再評価します。R.E.M.DEVO、OMDの3組に大ヴォリュームで迫るほか、新作が話題のザ・カーズフィーリーズデュラン・デュラン、まさかのデヴィッド・ロウリー(キャンパー・ヴァン・ベートーヴェンクラッカー)、もっとまさかのトーマス・ドルビーシンディ・ローパーハワード・ジョーンズのほか、年内の新作リリースが期待されるU2レッド・ホット・チリ・ペッパーズの魅力にも“今”の視点で迫ります。

 またMONOBRIGHT/元BEAT CRUSADERSヒダカトオルカジヒデキの'80sロック対談も大フィーチャー! 全ロック・ファン必読の濃ゆい内容となっています。

 いまだ見ぬ素晴らしき音楽世界への扉がたぶん200個くらい仕掛けられている本書Cookie Scene Essential Guide『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』、ぜひお手元に! 伊藤英嗣氏の“(笑)”もいつになく大量出血大サービスですよ!


POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発


※発売中
CDジャーナルムック
Cookie Scene Essential Guide
『POP & ALTERNATIVE 2011 21世紀ロックの爆発』
監修:伊藤英嗣
雑誌コード:64371-76
ISBN978-4-86171-078-0
判型:B5判変形  頁数:152ページ
定価:1,500円(税込)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015