ニュース

阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化

2011/07/28 15:17掲載
はてなブックマークに追加
阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化
 1995年に起こった阪神淡路大震災の復興のシンボル曲として、神戸の人たちに歌い継がれていた「しあわせ運べるように」。今、東日本大震災での被災者に広がりつつあるというこの曲の生まれた経緯、込められた想いなどを一冊の本にまとめた『CDブック しあわせ運べるように』が発売。さらに、収録音源はiTunesとレコうたで配信され、書籍とCD及び音源の印税は全額、被災者支援のために寄付されるとのこと。

 この「しあわせ運べるように」は、阪神淡路大震災で自宅が全壊した神戸の小学校教諭・臼井 真氏が、震災から約2週間後、生まれ育った街の変わり果てた姿に衝撃を受け、わずか10分という短時間で作詞・作曲。その後、神戸復興を願うシンボル曲として、神戸で16年間大切に歌い継がれてきたもの。

 書籍には、著者と子どもたちとの涙と笑顔と希望の物語がノンフィクションで描かれているほか、「しあわせ運べるように」が初の正式音源としてCD化。CDには<こども音楽コンクール>で文部科学大臣奨励賞を受賞した神戸市立住吉小学校合唱部、阪神淡路大震災の復興のシンボルとしてオープンし、世界的に活躍する指揮者・佐渡裕氏が芸術監督をつとめる「兵庫県立芸術文化センター」の事業として実施されている、全国からトップクラスの演奏技術を持つジュニア演奏家で構成されたスーパーキッズ・オーケストラらが参加しています。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015