ニュース

阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化

2011/07/28 15:17掲載
はてなブックマークに追加
阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化
 1995年に起こった阪神淡路大震災の復興のシンボル曲として、神戸の人たちに歌い継がれていた「しあわせ運べるように」。今、東日本大震災での被災者に広がりつつあるというこの曲の生まれた経緯、込められた想いなどを一冊の本にまとめた『CDブック しあわせ運べるように』が発売。さらに、収録音源はiTunesとレコうたで配信され、書籍とCD及び音源の印税は全額、被災者支援のために寄付されるとのこと。

 この「しあわせ運べるように」は、阪神淡路大震災で自宅が全壊した神戸の小学校教諭・臼井 真氏が、震災から約2週間後、生まれ育った街の変わり果てた姿に衝撃を受け、わずか10分という短時間で作詞・作曲。その後、神戸復興を願うシンボル曲として、神戸で16年間大切に歌い継がれてきたもの。

 書籍には、著者と子どもたちとの涙と笑顔と希望の物語がノンフィクションで描かれているほか、「しあわせ運べるように」が初の正式音源としてCD化。CDには<こども音楽コンクール>で文部科学大臣奨励賞を受賞した神戸市立住吉小学校合唱部、阪神淡路大震災の復興のシンボルとしてオープンし、世界的に活躍する指揮者・佐渡裕氏が芸術監督をつとめる「兵庫県立芸術文化センター」の事業として実施されている、全国からトップクラスの演奏技術を持つジュニア演奏家で構成されたスーパーキッズ・オーケストラらが参加しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015