ニュース

ハケットの新作はカリスマ・テイスト

2003/08/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 かつて「もとジェネシス」と言われるあまり、過去集約のため『新訳創世記』(写真)を手土産にして来日してくれたイメージがいまだ強く残るスティーヴ・ハケットですが、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては4年ぶりにもなる新作をリリースします。

 前作『ダーク・タウン』が名前のとおりダークな仕上がりだったのに対し、9/26(金)に\2,548(税込)でリリースされる『トゥ・ウォッチ・ザ・ストーム』(UICE-1064)は打って変わって、最も人気の高いカリスマ時代ソロ作品に通ずるサウンドに回帰したとのこと。日本盤のみオリジナル・ジャケットだそうです。

 収録曲は、本体は13曲なのですが、なんでも日本盤にはヨーロッパ盤とは異なるボーナス・トラックを収録予定なのだそうです。こりゃ嬉しいとともに、そうなると欧盤とあわせて手に入れたいところですね。

 8/29の赤坂BLITZ、9/1のなんばHatchで行われるライヴ・イヴェント「GUITAR WARS」にも出演が決定(共演者はポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコートなど)したハケット。ライヴ・アーカイヴ音源などでファンの期待をそそっていたのだから、期待したいところです。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015