ニュース

ハケットの新作はカリスマ・テイスト

2003/08/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 かつて「もとジェネシス」と言われるあまり、過去集約のため『新訳創世記』(写真)を手土産にして来日してくれたイメージがいまだ強く残るスティーヴ・ハケットですが、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては4年ぶりにもなる新作をリリースします。

 前作『ダーク・タウン』が名前のとおりダークな仕上がりだったのに対し、9/26(金)に\2,548(税込)でリリースされる『トゥ・ウォッチ・ザ・ストーム』(UICE-1064)は打って変わって、最も人気の高いカリスマ時代ソロ作品に通ずるサウンドに回帰したとのこと。日本盤のみオリジナル・ジャケットだそうです。

 収録曲は、本体は13曲なのですが、なんでも日本盤にはヨーロッパ盤とは異なるボーナス・トラックを収録予定なのだそうです。こりゃ嬉しいとともに、そうなると欧盤とあわせて手に入れたいところですね。

 8/29の赤坂BLITZ、9/1のなんばHatchで行われるライヴ・イヴェント「GUITAR WARS」にも出演が決定(共演者はポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコートなど)したハケット。ライヴ・アーカイヴ音源などでファンの期待をそそっていたのだから、期待したいところです。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015