ニュース

ハケットの新作はカリスマ・テイスト

2003/08/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 かつて「もとジェネシス」と言われるあまり、過去集約のため『新訳創世記』(写真)を手土産にして来日してくれたイメージがいまだ強く残るスティーヴ・ハケットですが、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては4年ぶりにもなる新作をリリースします。

 前作『ダーク・タウン』が名前のとおりダークな仕上がりだったのに対し、9/26(金)に\2,548(税込)でリリースされる『トゥ・ウォッチ・ザ・ストーム』(UICE-1064)は打って変わって、最も人気の高いカリスマ時代ソロ作品に通ずるサウンドに回帰したとのこと。日本盤のみオリジナル・ジャケットだそうです。

 収録曲は、本体は13曲なのですが、なんでも日本盤にはヨーロッパ盤とは異なるボーナス・トラックを収録予定なのだそうです。こりゃ嬉しいとともに、そうなると欧盤とあわせて手に入れたいところですね。

 8/29の赤坂BLITZ、9/1のなんばHatchで行われるライヴ・イヴェント「GUITAR WARS」にも出演が決定(共演者はポール・ギルバート、ヌーノ・ベッテンコートなど)したハケット。ライヴ・アーカイヴ音源などでファンの期待をそそっていたのだから、期待したいところです。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015