ニュース

松本 潤、上野樹里が出演『陽だまりの彼女』のサントラ緊急発売、ビーチ・ボーイズのカヴァーも収録

2013/10/18 15:23掲載
はてなブックマークに追加
松本 潤、上野樹里が出演『陽だまりの彼女』のサントラ緊急発売、ビーチ・ボーイズのカヴァーも収録
 “女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”こと、累計発行部数100万部突破した越谷オサムの原作(新潮文庫刊)を、主人公に松本 潤、ヒロインに上野樹里を迎え映画化! 現在絶賛公開中の『陽だまりの彼女』。さらに、本作のオリジナル・サウンドトラックCDが10月30日(水)に発売されることが決定しました。

 今回“緊急発売”となるこのサントラ、映画の製作当初にはお蔵入りになりそうだった企画だとか。しかし、三木孝浩監督に「この音楽なくして映画の完成はありえなかった」と言わしめたほどの完成度をほこり、試写を重ねるうちに、「サントラとして残すべき」と関係者一同の念願が叶い、発売されることに。

 松本 潤と上野樹里が演じる“浩介と真緒”、恋するふたりのシーンを彩る美しくも懐かしい楽曲の数々を手掛けたのは、三木監督とは再タッグとなった女流作曲家、mio-sotido(ミオ・ソティード)。ボーナストラックでは、ザ・ビーチ・ボーイズによるテーマ・ソング「素敵じゃないか」のカヴァーも収められています。なお、「iTunes」「mora」「Amazon MP3」などでは配信が実施中です!

陽だまりの彼女

<三木孝浩監督からのコメント>
mioさんの音楽は、いつも初めて聴くのにどこか懐かしくてあたたかい。
暗く閉ざされてた思い出の奥底にすぅっと光を射して
かつての自分が抱いていた心模様を色鮮やかに照らしてくれる。
現在と回想を行き来する今回の映画『陽だまりの彼女』では
mioさんの音楽が時の架け橋となり、シームレスにその時を繋いで
本編では描かれなかった時間の流れをも饒舌にメロディが語ってくれています。
今回、mioさんの音楽なくして映画の完成はありえなかった。
ぜひこの素晴らしい音楽に身を委ねて、『陽だまりの彼女』の世界を堪能してください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015