ニュース

松本 潤、上野樹里が出演『陽だまりの彼女』のサントラ緊急発売、ビーチ・ボーイズのカヴァーも収録

2013/10/18 15:23掲載
はてなブックマークに追加
松本 潤、上野樹里が出演『陽だまりの彼女』のサントラ緊急発売、ビーチ・ボーイズのカヴァーも収録
 “女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”こと、累計発行部数100万部突破した越谷オサムの原作(新潮文庫刊)を、主人公に松本 潤、ヒロインに上野樹里を迎え映画化! 現在絶賛公開中の『陽だまりの彼女』。さらに、本作のオリジナル・サウンドトラックCDが10月30日(水)に発売されることが決定しました。

 今回“緊急発売”となるこのサントラ、映画の製作当初にはお蔵入りになりそうだった企画だとか。しかし、三木孝浩監督に「この音楽なくして映画の完成はありえなかった」と言わしめたほどの完成度をほこり、試写を重ねるうちに、「サントラとして残すべき」と関係者一同の念願が叶い、発売されることに。

 松本 潤と上野樹里が演じる“浩介と真緒”、恋するふたりのシーンを彩る美しくも懐かしい楽曲の数々を手掛けたのは、三木監督とは再タッグとなった女流作曲家、mio-sotido(ミオ・ソティード)。ボーナストラックでは、ザ・ビーチ・ボーイズによるテーマ・ソング「素敵じゃないか」のカヴァーも収められています。なお、「iTunes」「mora」「Amazon MP3」などでは配信が実施中です!

陽だまりの彼女

<三木孝浩監督からのコメント>
mioさんの音楽は、いつも初めて聴くのにどこか懐かしくてあたたかい。
暗く閉ざされてた思い出の奥底にすぅっと光を射して
かつての自分が抱いていた心模様を色鮮やかに照らしてくれる。
現在と回想を行き来する今回の映画『陽だまりの彼女』では
mioさんの音楽が時の架け橋となり、シームレスにその時を繋いで
本編では描かれなかった時間の流れをも饒舌にメロディが語ってくれています。
今回、mioさんの音楽なくして映画の完成はありえなかった。
ぜひこの素晴らしい音楽に身を委ねて、『陽だまりの彼女』の世界を堪能してください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015