ニュース

“平成生まれの昭和育ち”22歳の新人演歌歌手、三丘翔太がデビュー

三丘翔太   2016/01/20 14:45掲載
はてなブックマークに追加
“平成生まれの昭和育ち”22歳の新人演歌歌手、三丘翔太がデビュー
 平成5年生まれながら昭和の懐メロを得意とし、レパートリーは1,000曲以上という“平成生まれの昭和育ち”の新人演歌歌手、三丘翔太(みつおか しょうた)がテイチクレコードより2016年1月20日(水)にシングル「星影の里」でデビューします。

 デビュー直前の1月18日(月)には彼を歌の世界に導いた祖父母が経営するカラオケ喫茶「歌の店 味友城(みゆき)」で壮行会が開催され、子供の頃から彼を知っている常連客を前にいち早くデビュー曲を披露した三丘翔太。デビュー曲となる「星影の里」は、都会で夢を果たすために故郷を離れた主人公の望郷の思いを歌ったもの。今週より発売記念キャンペーンもスタートし、トレードマークである蝶ネクタイ姿からは想像できない圧巻の歌唱力を披露します。



■2016年1月20日(水)発売
三丘翔太
「星影の里」

CD TECA-13650 1,204円 + 税
カセット TESA-13650 1,204円 + 税

[収録曲]
01. 星影の里
02. 天草みれん
03. 星影の里(オリジナル・カラオケ)
04. 星影の里(メロ入りカラオケ)
05. 天草みれん(オリジナル・カラオケ)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015