ニュース

ダフト・パンク、フィギュアにされる

2004/09/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
ダフト・パンク、フィギュアにされる
 アルバム『ディスカバリー』を松本零士氏がまるごとアニメーション化した映画『インターステラ5555』で世界を驚かせたフレンチ・テクノ・ユニット、ダフト・パンク。最近では、NTT Docomoの極小携帯「premini」のCMに“モデル”として登場し、またしても我々を驚かせてくれましたが、なんと今度は彼らをモデルにした“フィギュア”が発売されることに!

 今回彼らのフィギュアを発売するのは、妥協は許さない作りが定評のフィギュアの大手「メディコム・トイ」。もちろん、メンバー2人ともフィギュア化される予定で、「ガイマニュエル・デ・ホメンクリスト」版と「トーマス バンガルター」版をセットにした『RAH daft punk (Guy Manuel de Homem-Chisto & Thomas Banglter) 』(写真)という名で今年12月に発売される予定。価格は2体セットで\26,880(税込)を予定しているそうです。

 大きさは共に約30cmとなり、布製コスチュームにてジャケット&パンツを再現。またメッセージが表示できるあのヘルメットもリアルに再現しているそうで、さらにインジェクション製バックパックをメッキ加工にて完全再現しているそうです。

 彼らのフィギュアといえば、以前にDVD『インターステラ 5555』のリミテッド・エディションにテディベア型フィギュア「Be@RBRICK(ベアブリック)」が付属されたことがありましたが、今回はリアル志向のフィギュアなだけにそそる方も多いのでは……? 普段フィギュアに興味のない方も思い切って家に飾ってみてはいかがでしょうか?
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015