ニュース

「南波一海のアイドル三十六房」特別篇のゲストに宮本佳林(Juice=Juice)、ぱいぱいでか美出演決定

2017/04/21 14:45掲載
はてなブックマークに追加
「南波一海のアイドル三十六房」特別篇のゲストに宮本佳林(Juice=Juice)、ぱいぱいでか美出演決定
 音楽ライター / レーベル「PENGUIN DISC」主宰・南波一海と、タワーレコード代表取締役社長・嶺脇育夫による、「タワレボ(TOWER REVOLVE PROJECT)」で配信中のアイドル紹介番組「南波一海のアイドル三十六房」が、5月18日(木)20:00より〈南波一海のアイドル三十六房 特別編 〜『ハロプロ スッペシャ〜ル』発売記念 またやっちゃいます!ハロプロトークスッペシャ〜ル〜〉と題した特別編を東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOにて開催。タワレボでの生配信も実施されます。

 今回の特別篇は、音楽誌「CDジャーナル」(音楽出版社刊)で約5年に亘ってほぼ毎月連載されているハロー!プロジェクトのグラビアとインタビュー記事をコンプリートしたムック「ハロプロ スッペシャ〜ル」(3,700円 + 税)の同日の発売を記念し、ハロー!プロジェクトについて出演者がとことん語り合うという内容。記事内で多くのハロプロ漫画を手がけているナカGに加え、同誌で実に11回ものインタビューを受けているJuice=Juice宮本佳林、ハロプロを語るうえで今や欠かせない存在となったぱいぱいでか美のゲスト出演が発表されています。

 CUTUP STUDIOでのイベント参加には、当日タワーレコード渋谷店での「ハロプロ スッペシャ〜ル」購入者を対象に先着で配布される整理番号付入場券が必要。詳しい参加方法は、「南波一海のアイドル三十六房」オフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示


南波一海のアイドル三十六房 特別編
〜『ハロプロ スッペシャ〜ル』発売記念 またやっちゃいます!ハロプロトークスッペシャ〜ル〜

freshlive.tv/towerrevo/102314

2017年5月18日(木)
東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
20:00〜

[出演]
南波一海 / 嶺脇育夫(タワーレコード代表取締役社長)
ゲスト: 宮本佳林(Juice=Juice) / ぱいぱいでか美 / ナカG

[参加方法]
イベント当日タワーレコード渋谷店にて、5月18日(木)発売『ハロプロ スッペシャ〜ル』をご購入いただいたお客様に先着で整理番号付入場券を配布いたします。


■2017年5月18日(木)発売
CDジャーナルムック
ハロプロ スッペシャ〜ル

3,700円 + 税
B5判 / 600頁
64372-63
ISBN978-4-86171-164-0

[主な掲載アーティスト]
モーニング娘。 / Berryz工房 / ℃-ute / 真野恵里菜 / スマイレージ〜アンジュルム / Juice=Juice / カントリー・ガールズ / こぶしファクトリー / ハロプロ研修生
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015