ニュース

『最強のふたり』の製作陣によるアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月に日本公開

2017/04/21 15:07掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
『最強のふたり』の製作陣によるアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月に日本公開
 フランス映画『最強のふたり』の製作陣がアニメ映画に初めて挑んだ「Ballerina(原題)」が、「フェリシーと夢のトウシューズ」の邦題で8月12日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー決定。『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などを手がけたアニメーターが参加した本作の特報とティーザー・ポスターが公開されています。

 本作の舞台はエッフェル塔の建設が進む19世紀末のフランス・パリ。踊ることが大好きでパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る少女“フェリシー”が、親友の“ヴィクター”と、新たな世界に飛び出し成長していく様子を描きます。フェリシーの声をエル・ファニング、ヴィクターの声をデイン・デハーン、さらにカーリー・レイ・ジェプセンがフェリシーにバレエを教える元バレリーナのオデットの声を担当。物語の中心となるバレエ・シーンの振付は、パリ・オペラ座バレエ団の芸術監督であるオレリー・デュポンとジェレミー・ベランガールが務めています。

 公開された特報では、フェリシーがバレエの特訓に明け暮れる姿や、セーヌ川にかかる橋の上や建設中のエッフェル塔の下などで優雅に踊る様子が映し出されています。



「フェリシーと夢のトウシューズ」
2017年8月12日(土)より東京 新宿ピカデリーほか全国でロードショー
ballerina-movie.jp

監督: エリック・サマー / エリック・ワリン
脚本: キャロル・ノーブル / エリック・サマー / ローラン・ゼトゥンヌ
声の出演: エル・ファニング / デイン・デハーン / カーリー・レイ・ジェプセン


原題: BALLERINA / 2016 / フランス・カナダ / シネスコ / 89 分 / 5.1ch / 英語 / 日本語字幕: 稲田嵯裕里
©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015