ニュース

『最強のふたり』の製作陣によるアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月に日本公開

2017/04/21 15:07掲載
はてなブックマークに追加
『最強のふたり』の製作陣によるアニメ映画「フェリシーと夢のトウシューズ」が8月に日本公開
 フランス映画『最強のふたり』の製作陣がアニメ映画に初めて挑んだ「Ballerina(原題)」が、「フェリシーと夢のトウシューズ」の邦題で8月12日(土)より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー決定。『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などを手がけたアニメーターが参加した本作の特報とティーザー・ポスターが公開されています。

 本作の舞台はエッフェル塔の建設が進む19世紀末のフランス・パリ。踊ることが大好きでパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見る少女“フェリシー”が、親友の“ヴィクター”と、新たな世界に飛び出し成長していく様子を描きます。フェリシーの声をエル・ファニング、ヴィクターの声をデイン・デハーン、さらにカーリー・レイ・ジェプセンがフェリシーにバレエを教える元バレリーナのオデットの声を担当。物語の中心となるバレエ・シーンの振付は、パリ・オペラ座バレエ団の芸術監督であるオレリー・デュポンとジェレミー・ベランガールが務めています。

 公開された特報では、フェリシーがバレエの特訓に明け暮れる姿や、セーヌ川にかかる橋の上や建設中のエッフェル塔の下などで優雅に踊る様子が映し出されています。



「フェリシーと夢のトウシューズ」
2017年8月12日(土)より東京 新宿ピカデリーほか全国でロードショー
ballerina-movie.jp

監督: エリック・サマー / エリック・ワリン
脚本: キャロル・ノーブル / エリック・サマー / ローラン・ゼトゥンヌ
声の出演: エル・ファニング / デイン・デハーン / カーリー・レイ・ジェプセン


原題: BALLERINA / 2016 / フランス・カナダ / シネスコ / 89 分 / 5.1ch / 英語 / 日本語字幕: 稲田嵯裕里
©2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015