ニュース

令和によみがえる『大巨獣ガッパ』サウンドトラック発売

大森盛太郎   2020/07/14 13:27掲載
はてなブックマークに追加
令和によみがえる『大巨獣ガッパ』サウンドトラック発売
 ゴジラ、ガメラ、ウルトラマンの登場で空前の怪獣ブームに湧く60年代日本列島に、満を持して現れた特撮映画『大巨獣ガッパ』(1967年)のオリジナル・サウンドトラック(CD CINK-102 3,200円 + 税)が8月19日(水)に発売されます。

 『大巨獣ガッパ』は、青春 / アクションもので知られる日活が作った最初で最後の特撮映画で、いまもなおカルト的な人気を誇る作品です。

 音楽を担当したのは、『嵐を呼ぶ男』『有楽町で逢いましょう』『細雪』などで知られるジャズ畑出身の大森盛太郎。本編使用音源に加えて、美樹克彦の歌声に脳が揺さぶられる破壊力10メガトンのガレージ主題歌も最新のリマスタリングで復活します。

■2020年8月19日(水)発売
大森盛太郎
「大巨獣ガッパ」オリジナル・サウンドトラック

CD CINK-102 3,200円 + 税
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015