ニュース

水いらず、1stフル・アルバム『ほとんど、空』一部店舗限定リリース

2021/02/26 12:54掲載
はてなブックマークに追加
水いらず、1stフル・アルバム『ほとんど、空』一部店舗限定リリース
 水いらずが、1stアルバム『ほとんど、空』を4月7日(水)に一部店舗限定にてリリースします。

 水いらずは2016年結成、都内で活動する井上真(vo,g)、桜井晴紀(key)、小宮山節己(ds)による3人組インディー・バンドで、製作期間1年以上を費やし完成させた今作『ほとんど、空』は、当初バンドの直販とデジタル配信のみの取り扱いであったものの、「ゴッチの2020年お気に入りプレイリスト」、「Pluto」、佐々木俊尚のプレイリスト「シティポップの時代」ほかSpotify公式プレイリスト等にも選出され既に注目を集めています。

 4月7日より、東京・タワーレコード渋谷店、新宿店、大阪・梅田NU茶屋店、京都・京都店、愛知・名古屋パルコ店、福岡・福岡パルコ店、北海道・札幌ピヴォ店、タワーオンライン、東京・HMV新宿ALTA店、コピス吉祥寺店、一部専門店舗限定にて取り扱いがスタート。購入特典として全曲パラデータダウンロードコードが付属されます。

 またリリースにあたり、巽啓伍(never young beach)、東郷清丸、天川悠雅(ギリシャラブ)、飯島はるか(に角すい)からコメントが到着しています。

[コメント]
道徳の授業で人を何かに例えようという議題があった。
当時の僕は産まれた時はからっぽで時間の経過とともに様々な経験という液体を注いでいく容れ物だと想定した。
溢れないように容れ物を拡張していく緊張感と拭き取られるか落ちるしかない結露した雫の様な刹那を感じる音楽がどうやらここにあるらしい。

――巽啓伍(never young beach)

音のひとつひとつが毛羽立って、耳を心地よくくすぐられる。歩いてきた道が少しだけ坂だったのかと気付いたときの、平衡感覚のやさしいゆらぎ。
この音楽に身を任せていると、思考を空に溶かしながらぼんやりと雲を眺める、あの感じになってきます。

――東郷清丸

何かを肯定したり否定したりするのではなく、ただ描く、ということはとってもむつかしいことで、それゆえにあんまり誰もやっていない。でも彼らは見事にそれをやってのけた。
都市生活者の嘆声のような心象風景をていねいにつなぎ合わせて、ひとつの絵を描いた。
この二六分間のインナー・ジャーニーは、紛れもない一都市生活者たるぼくにとって、この上ないセラピーだ。

――天川悠雅(ギリシャラブ)

なんだか何度も聴きたくなる不思議なポップスですね。バンド名の影響もあってか、どちらも水中にいる時の、少しの息苦しさとキラキラした光の乱反射を連想しました。
水中感は、使ってる楽器とか音色もそんな感じがしました。
あとメロディのアップダウン感も、遊泳中の息継ぎを連想しました。バンド名といい、アレンジといい、ひねくれてる感満載なのに、聴き触りがポップなところに、自分には作れない羨ましさがありました。

――飯島はるか(に角すい)



■2021年4月7日(水)店舗限定発売
水いらず
『ほとんど、空』


[収録曲]
01. 東京都板橋区西町2-50-4
02. ほとんど、空
03. 沈沈沈
04. 水の重さ
05. 午后の世界
06. アンダースロー
07. 光線
08. あと

※全曲パラデータDLコードの特典付き
※取り扱い店舗:タワーレコード 渋谷店、新宿店、梅田NU茶屋店、京都店、名古屋パルコ店、福岡パルコ店、札幌ピヴォ店、タワーオンライン
HMV 新宿ALTA 店、コピス吉祥寺店、一部専門店
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015