ニュース

水いらず、戦前の産業遺構で撮影された「su-mu」のMV公開

2021/11/26 19:00掲載
はてなブックマークに追加
水いらず、戦前の産業遺構で撮影された「su-mu」のMV公開
 水いらずが、10月20日にリリースした配信限定シングル「su-mu」のミュージック・ビデオを、YouTubeのオフィシャル・チャンネルにて公開しています。

 本ミュージック・ビデオは、鎌倉市に所在する旧神奈川県営湘南水道鎌倉加圧ポンプ所で撮影されたシーンが印象的な映像となっています。

 本作公開に際して、水いらずの井上真、プロデューサー里見奎、監督の原龍之介からコメントが到着。

 また、本作の配信リリースに際して、水いらずのnoteでは井上真(vo,g)へ「日本民謡と内臓の身体性について」と題したインタビューが公開されています。

 [コメント]
完成したMVをドリトスを食べながら見返していました。
僕はこの楽曲で、「ここにいられる」ということをかなり風刺的に描いたつもりでした。
今回の映像の中では、ふたりの女性が登場し、現在を生きる女性が見ず知らずの隣人の女性の過去に思いをはせます。
僕自身に関して言うと、隣に住んでいる人の素性を全く知りませんし、通りかかっても何も喋りません。
そういう意味では隣人がどう生きているかを想像することは、現代では難しいと思ってます。
その思いは「ここにいられる」と風刺した楽曲にも反映されています。
このMVはそういった楽曲の意図と反し、そんな現代を肯定的に捉えているのかも知れません。
その相反がこのMVの面白いとこだと思います。
是非見てみてください。

――水いらず

MVは通常、楽曲が完成した後に制作されるものです。
しかし「su-mu」のMVの制作工程では、楽曲と映像のビルドは同時並行で進められました。
バントと映像チームがテーマやイメージ、アイデアを共有し、双方向的に物づくりを行う……。
それは曲があって、それからMVが作られる通常の制作方法が親子関係のようなものならば、「su-mu」の曲とMVはそうした因果を超えた、まるで兄弟のような生まれ方をしているのです。
映像と音楽が時に完全にリンクしつつ、またある時はお互いにそっぽを向きながら、それでも息を合わせてイメージを紡いでいく……。
そんなMVと楽曲の独特のグルーヴ感を楽しんで頂ければ幸いです!

――プロデューサー 里見奎

『su-mu』の楽曲自体の「統制された混沌」状態ではなく、それに付随する映像としては「ちぐはぐな混沌」状態になりました。
意味の所在が曖昧という点において、PVという枠組みで考えると、ある種の理想的な状態なのだと思います。
そんな混沌とした映像を覗き込んだ時に、観ている人の中で何かしら目に焼き付く瞬間があれば幸いです。

――監督 原龍之介

拡大表示




■2021年10月20日(水)配信開始
水いらず
「su-mu」

ultravybe.lnk.to/su-mu

水いらず - 日本民謡と内臓の身体性について
note.com/mizuirazu_band/n/n5b7613dcc740
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015