ニュース

『HiGH&LOW THE WORST』続編にNCT 127、BE:FIRSTメンバーが参加 特報映像も公開

2022/04/21 12:53掲載
はてなブックマークに追加
『HiGH&LOW THE WORST』続編にNCT 127、BE:FIRSTメンバーが参加 特報映像も公開
 シリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円突破、男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8,000万部突破・不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・盒競劵蹈)の、2大最強コンテンツ・クロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編のタイトルが『HiGH&LOW THE WORST X』(読み: 「X」=クロス)に決定。2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開されます。

 前作では、『HiGH&LOW』シリーズの舞台・SWORD地区の「O」を担う“漆黒の凶悪高校”鬼邪(おや)高校と『クローズ』『WORST』の舞台・戸亜留(とある)市内で幹部以外スキンヘッドの“殺しの軍団”と恐れられる鳳仙(ほうせん)学園が激突し、まさに「最強×最強」の闘いが繰り広げられました。

 続編である『HiGH&LOW THE WORST X』では、川村壱馬THE RAMPAGE)演じる花岡楓士雄(はなおかふじお)が頭をはる鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門(せのもん)工業高校が最強最悪の敵として立ちはだかります。鬼邪高を潰すため、金をちらつかせSWORD地区の鎌坂(かまさか)高校と江罵羅(えばら)商業高校を傘下に加え、3校連合を結成した瀬ノ門が鬼邪高に急襲をしかけることで、戦いの火蓋が切られます。さらに、かつて鬼邪高と激突した鳳仙や、前作でもその存在が噂されていた、戸亜留市内で“カラスの学校”と恐れられる鈴蘭(すずらん)男子高校も動き出し、かつてないスケールで贈るシリーズ史上最大の頂上決戦が繰り広げられます。

 そんな最新作の本格始動に合わせて、瀬ノ門のキャスト情報が公開。さらに、本編映像初公開となる特報映像とティザー・ヴィジュアル、鬼邪高・瀬ノ門のチーム・ヴィジュアルも公開されました。

 瀬ノ門最強の男・須嵜亮(すざきりょう)役は、日本・韓国・アメリカ・カナダと多国籍のメンバーで構成され、抜群のパフォーマンス力と表現力、そしてセンスの高い楽曲が世界中で評価されている男性ダンス&ヴォーカル・グループ“NCT 127”のメンバー・YUTA(中本悠太)が演じます。2020年3月に韓国で発売した『NCT #127 Neo Zone』は全世界で140万枚以上売り上げ、米ビルボード各種チャートに連続チャートインを継続するなど世界的な人気を誇るグループのメンバーであり、Instagramのフォロワー数が800万人(4月19日時点)を超え、日本人男性の中でフォロワー数が第1位と爆発的な人気を誇るYUTAが満を持して日本で映画初出演を果たすこととなります。

 また、瀬ノ門の頭として君臨し、鬼邪高を潰すためには手段を選ばない最悪の男・天下井公平(あまがいこうへい)役を、SKY-HI主催で日本テレビ『スッキリ』でも放送されていたボーイズ・グループ発掘オーディション「THE FIRST」から誕生したアーティスト・グループ“BE:FIRST”のメンバー・RYOKI(三山凌輝)が演じます。5月18日(水)にCD発売となるBE:FIRSTの楽曲「Bye-Good-Bye」は、日本テレビ『ZIP!』内の朝ドラマ『サヨウナラのその前に』の主題歌にもなり、YouTube公開から2週間経たずに動画再生数1,000万回を突破。さらに、デビュー曲「Gifted.」に続き、ビルボード及びオリコンランキングで1位を獲得するなど話題沸騰中のアーティストでありながら、俳優としても活躍する三山の演技に期待が高まります。

 さらに、天下井に仕える瀬ノ門の砂防天久(さぼうあまひさ)、通称サボテン役を永沼伊久也、津田沼(つだぬま)役をLDH所属のコーラス・グループ“DEEP SQUAD”の比嘉涼樹が演じます。“THE RAMPAGE×NCT 127×BE:FIRST”と超人気グループの最強アーティストたちの奇跡のクロスオーバーが実現し、大きな話題を呼ぶこと間違いなしの顔ぶれが揃いました。

 この度公開された特報では、楓士雄ら鬼邪高と須嵜・天下井ら瀬ノ門の、拳と魂、運命が激突(クロス)する熱い姿が映し出されています。さらに、お馴染みの鳳仙メンバーや鈴蘭の校章を背負った男が映し出され、各校がこの闘いにどのように関わっていくのか期待が高まる映像となっています。

 そして、楓士雄と須嵜の熱い眼差しが交差する、緊張感溢れるふたりの表情が印象的なティザー・ヴィジュアルも公開。ふたりの背景には、鬼邪高のイメージカラー「青」と、瀬ノ門のイメージカラー「赤」が対照的に使われており、中心部には鬼邪高メンバーと瀬ノ門メンバーが映し出され、今にも激突しそうな大迫力のヴィジュアルとなっています。「上も下もない。テッペンになれ。」という胸がアツくなるコピーも相まって、鬼邪高VS瀬ノ門の史上最大の頂上決戦に胸が高鳴ります。併せて、鬼邪高、瀬ノ門各校のメンバーが揃ったチーム・ヴィジュアルも公開しています。

 果たして、鬼邪高と瀬ノ門の決戦の行方はどうなるのか、そして、鳳仙と、鈴蘭が、今作ではどのように物語に関わっていくのか!? 今後、順次公開予定の鎌坂、江罵羅、鳳仙、鈴蘭の新キャストにもご期待ください。

[コメント]
『HiGH&LOW THE WORST』の続編となる『HiGH&LOW THE WORST X』の公開が決定しました。
多くの方からご好評いただけたことで、『HiGH&LOW THE WORST X』へ繋げることができとても嬉しく思います。
今作も、多くのファンの皆さんが楽しめる『HiGH&LOW』の世界観を存分に作品に落とし込んでいますので、ぜひ期待していてください。
そして新たなキャストとして、韓国で活躍するNCT 127の日本人メンバーYUTAさん、そしてBE:FIRSTのメンバーRYOKIさんに参加していただき、『HiGH&LOW』をさらに盛り上げてくれていますので、ぜひ彼らの作中での活躍にも注目していただきたいです。
また、今回も作品にマッチした素晴らしい楽曲が揃っていますので、各チームの楽曲も楽しみにしていてください!

――企画・プロデュース EXILE HIRO

ようやく撮れるのかという気持ちでシンプルにとても嬉しかったです!
前作の撮影からは4年ほど経ちましたが、また“花岡楓士雄”という盒競劵蹈契萓犬生んでくださったキャラクターを演じられる喜びを噛み締めながら、リスペクトと信念を持って臨ませていただきました!
撮影を重ねる度に、前作を超えられるのかという不安が打ち消されていくほど、面白い作品が撮れたと自信を持っていますので是非皆さまご覧ください!!

――花岡楓士雄役 川村壱馬(THE RAMPAGE)

まず、この作品のお話をいただいた時は純粋に嬉しかったです。
当初から知っていた作品でしたし、男なら熱い気持ちをぶつけ合うことへの憧れがあると思いますけど、僕もそうだったので挑戦したいと思いました!
演技もアクションも初挑戦だったので不安もありましたが、いざ、撮影が始まると、共演した俳優さん達や監督が優しくアドバイスをして下さって、とても勉強になりましたし、何よりも楽しんで撮影に挑むことができました。
ぜひたくさんの方に観てもらえると嬉しいです。

――須嵜亮役 中本悠太(NCT 127)

今回、本作への出演が決まった時、正直ただ信じられないという状況でした。
『HiGH&LOW』シリーズは大好きで拝見させて頂いていたのはもちろんなのですが、特に前作の『HiGH&LOW THE WORST』が大好きで映画館で物凄く興奮していたことを未だ鮮明に覚えています。次の新作はどんな作品なんだろう?!どんなキャストさんが出演されるんだろう!?とワクワクしていました。そんな風に、いちファンとして想っていた作品に、まさか今回、自分が出演させて頂けることになるなんて、本当に驚きを隠せませんでした。
そして天下井公平という今作の鍵ともいえる役を頂け、幸せと共にとてもプレッシャーを感じました。
役としてもかなり役作りのイメージが必要な役で、日ごろから常に顔つきを意識したり、色々と取り組みましたが、天下井としっかり向き合って愛する事ができ、監督達と共に話し合い、最後まで駆け抜ける事が出来ました。
今までに演じた事のない役柄ですし、とても素晴らしい作品になっています。
是非たくさんの方に見て頂きたいです!

――天下井公平役 三山凌輝(BE:FIRST)

拡大表示


拡大表示



©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 ©盒競劵蹈(秋田書店) HI-AX

『HiGH&LOW THE WORST X(クロス)』
2022年9月9日(金)より全国ロードショー
www.high-low.jp/movies/theworst-x
配給: 松竹
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015