ニュース

マーニクの来日が決定 CLUB VIZELのイベント「NEO TOKYO」第3弾開催

2022/04/25 18:37掲載
はてなブックマークに追加
マーニクの来日が決定 CLUB VIZELのイベント「NEO TOKYO」第3弾開催
 スティーヴ・アオキとの共作や、巨大フェス〈Tomorrowland〉への出演実績を持つイタリア出身のプログレッシブ・ハウス・デュオ、Marnik(マーニク)の来日公演が5月13日(金)に決定。

 MarnikはBeatportのチャートを駆け上がり、世界中で衝撃的なパフォーマンスを披露、ダンスミュージック業界のアイコン的存在からの支持を集めるなど、今日のシーンで最も有望な才能として名を馳せているユニットです。

 「NEO TOKYO」は世界のスターを東京にリアル来日させているイベントで、渋谷の中心部に位置する注目のナイトスポット、CLUB VIZELで始動。海外の来日公演、ツアー、フェスなどが軒並みキャンセル、延期、閉店などが続いたコロナ禍真っ只中の2020年、デジタル配信公演、バーチャルでの新たらしいイベントの形が日常となった2021年を経て、国内に海外アーティストを迎えることが音楽ファンから期待されるなか、その最先鋒として続々と世界のスターの来日を発表し続けています。

 今回はMAKJ(マックジェイ)の出演する第2弾「NEO TOKYO」の開催前ながら早くも第3弾の開催を発表。どこよりも早くリアルな海外アーティストの来日を実現させ盛り上がりを見せている「NEO TOKYO」は、ビルボードTOP10を飾るTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)を迎えた第1弾イベントで約1,000名の集客を記録し、東京のナイトライフの復活を祝いました。

 そして、日本全国が活動再開の兆しを見せているゴールデンウィークからはじまる怒涛の来日公演を発表、その豪華公演の共通チケットの発売を開始しています。



MAKJ feat NEO TOKYO
2022年5月4日(水・祝)、7日(土)
東京 CLUB VIZEL
当日男性 3,500円 ※両日
当日女性 2,000円 ※両日
優先入場前売 4,000円 ※両日(ZAIKO/ローソンチケット/イープラス)
5/4 & 5/7 -2日間通し前売 5,000円 (ローソンチケットのみ)
5/4 & 5/13 -2日間通し前売 5,000円 (ローソンチケットのみ)
5/4 & 5/13 -2日間通し前売 5,000円 (ローソンチケットのみ)
5/4 & 5/7 & 5/13 -3日間通し前売 6,000円 (ローソンチケットのみ)


MARNIK feat. NEO TOKYO
2022年5月13日(金)
東京 CLUB VIZEL
当日男性 3,500円
当日女性 2,000円
優先入場前売 4,000円 (ZAIKO/ローソンチケット/イープラス)
5/4 & 5/13 -2日間通し前売 5,000円 (ローソンチケットのみ)
5/7 & 5/13 -2日間通し前売 5,000円 (ローソンチケットのみ)
5/4 & 5/7 & 5/13 -3日間通し前売6,000円 (ローソンチケットのみ)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015