ニュース

指原莉乃プロデュース“=LOVE”“≠ME”“≒JOY”の3組による合同フェス〈イコノイジョイ 2022〉開催

2022/07/04 13:22掲載
はてなブックマークに追加
指原莉乃プロデュース“=LOVE”“≠ME”“≒JOY”の3組による合同フェス〈イコノイジョイ 2022〉開催
 指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ、=LOVE(イコールラブ)、≠ME(ノットイコールミー)、そして、2022年3月に新たに誕生した第3のグループ≒JOY(ニアリーイコールジョイ)が、7月3日に山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレストにて3グループ、総勢36名による野外合同フェス〈イコノイジョイ 2022〉を開催しました。

 本フェスは、新型コロナ感染予防対策を徹底の上、昼公演、夜公演、各1万人、合計約2万人の観客を収容し2回公演を開催。昼公演は「ウォーターパーティー」と題し、放水車や放水銃、噴水などの演出を取り入れ、野外フェスにはぴったりの公演で、大いに会場を沸かせました。夜公演は「シャッフルパーティー」と題し、=LOVE、≠ME、≒JOYそれぞれのグループ楽曲の披露はもちろん、3組合同での歌唱や当フェスでしか見られないスペシャルなユニットなど、合同フェスならではのパフォーマンスを披露。あわせて、有料生配信も実施され、メンバーは会場の観客とカメラの向こうの視聴者に向かって熱いパフォーマンスを繰り広げました。

[〈夜の部〉シャッフルパーティー ライヴ・レポート]
 ライヴ・オープニングの「Overture」がかかると、=LOVEと≠ME、≒JOYの3グループがメインステージに登場し、初の3組合同楽曲「トリプルデート」(イコノイジョイ)からライヴがスタート。頼もしい=LOVE、≠MEメンバーに加え、昼公演でステージデビューを飾り初々しいパフォーマンスを披露する≒JOY。この日のために作られた新衣装を纏った総勢36名がステージに集結。可愛く、にぎやかな迫力あるパフォーマンスに、最高の夏が始まったことを実感。3グループで「未来への希望」と「絆」を力強くアピールした。

 「クルクルかき氷」(≠ME)では、36名がメインステージいっぱいに広がりタオルを振りかざす姿に、会場はさらにヒートアップ。続いて披露した「君の音だったんだ」(≠ME)、「しゅきぴ」(=LOVE)では、しゃぼん玉が舞う中、本ステージとバックステージを繋ぐ花道やセンターステージを目いっぱいに使い、観客を楽しませた。「Want you!Want you!」(=LOVE)では、トロッコに乗ったメンバーが客席内を移動するなど、会場を最大限に使用したパフォーマンスに、観客との距離を一気に縮めた。

 =LOVEの齋藤樹愛羅は「元最年少として、元気に盛り上がっていきたいと思います!」と≒JOYが誕生し、お姉さんらしく元気に挨拶し、≠MEの菅波美玲は「優しくて憧れの=LOVEさんと、とってもかわいい≒JOYちゃんと一緒に歌えて、とっても幸せです!」と、3グループ合同でフェスを開催できた喜びと、夜公演の意気込みを語った。

 本フェスにて初ステージとなる≒JOYが先輩達の曲である「スタート!」(=LOVE)、「届いてLOVE YOU♡」(=LOVE)を、キュートで可愛らしく披露した後、7月2日にサプライズでMVが公開され早くも話題となっている≒JOYのファースト・ソング「≒JOY」を元気いっぱいにパフォーマンス。「夢」に向かう一途で熱い≒JOYのメッセージを届けた。

 本楽曲のセンターを務めた≒JOYの江角怜音は、「大切に歌い続けて、皆様に愛されるような、そんな楽曲に育てていきたいと思っています」と、初々しさの中にも、伸びやかな歌声、洗練されたダンスパフォーマンスで、存在感を十分にアピールした。続いて≠MEが、昼公演で初お披露目された8月3日(水)発売の4thシングル「す、好きじゃない!」を披露。ギンガムチェックの新衣装で、男性目線のピュアで一途な心を表現した。続いて=LOVEが、MVが自身最高となる710万回再生を突破し話題沸騰中の「あの子コンプレックス」を水しぶきで幻想的なステージの中、儚い失恋ソングを切なく凛々しく歌い上げた。

 その後は、≠MEが「祝祭」(=LOVE)、=LOVEが「チョコレートメランコリー」(≠ME)とお互いの楽曲をカバーし合い、イントロが流れると客席からどよめきが起こるなど、「シャッフルパーティー」ゆえのスペシャルなステージで会場を虜にした。「チョコレートメランコリー」ではLEDビジョンに炎のフレームも出現し、ステージ上には炎が勢いよく噴射するなど、ド派手な演出で度肝を抜いた。

 ≒JOYメンバーが再びステージに登場すると、逢田珠里依は「緊張したんですが、去年の今頃はこんな素敵な景色を見れると思ってなかったのでオーディションに受かってよかった!」、天野香乃愛は「ファンの方がとっても優しく、初めてのパフォーマンスをこんなに大きなステージでやらせていただけて嬉しいです!」と初ステージの感想と喜びを語った。

 中盤に入ると、本イベント限りの3グループ選抜メンバーで「cinema」(=LOVE)〈メンバー: 大場花菜、音嶋莉沙、瀧脇笙古 (=LOVE) / 尾木波菜、菅波美玲、谷崎早耶、本田珠由記(≠ME) / 市原愛弓、大信田美月(≒JOY)〉を映画の主人公さながら可愛らしくキュートに、「ズルいよ ズルいね」(=LOVE)〈メンバー:齊藤なぎさ、佐々木舞香、野口衣織、諸橋沙夏(=LOVE) / 蟹沢萌子、川中子奈月心、櫻井もも、冨田菜々風(≠ME) / 大西葵,村山結香(≒JOY)〉では、少し大人な失恋ソングをエモーショナルに歌い上げた。

 その後のダンスパートでは、=LOVEの山本杏奈、≠MEの永田詩央里、≒JOYの藤沢莉子を含む各グループから10名のメンバーが激しいダンスビートに乗せてソロダンスを披露。しなやかなで洗練されたダンス、力強いストリートダンスなど、個性的なパフォーマンスを披露する中、≒JOYの江角怜音は、リズムに乗せて迫力ある空手の型を披露するなど、意外な一面もアピールした。続く「ワタシアクセント」(≠ME)〈メンバー: 大谷映美里、齋藤樹愛羅、眈焼掘∋核椣鋲燹福LOVE) / 落合希来里、河口夏音、鈴木瞳美、永田詩央里(≠ME) / 江角怜音、藤沢莉子(≒JOY)〉では、ステージ前方に何発もの炎が上がる演出と相まって、息のあった迫力あるパフォーマンスで中盤を盛り上げた。

 ライヴも後半に差し掛かると、「お姫様にしてよ!」(=LOVE)、「いらない ツインテール」(=LOVE)、「君はスパークル」(≠ME)を=LOVEと≠MEの2組で披露。お揃いの新衣装でトロッコや花道、バックステージを駆け抜け、会場360°を最大限に使ったパフォーマンスで、熱いステージを繰り広げた。終盤では、改めて≒JOYが登場し3グループ合同でライヴの定番曲「Oh!Darling」(=LOVE)を披露。本ステージいっぱいに総勢36名が並びタオルを振りかざす姿に、観客も自身のタオルやペンライトを振り、会場が一体となる圧巻のステージを繰り広げた。

 その後は、=LOVEの佐々木舞香の「まだまだ盛り上がっていくぞ!これからも私たち36人に恋しちゃってください!」の掛け声とともに、夏の定番曲「夏祭り恋慕う」(=LOVE)を披露。本編ラストは「まほろばアスタリスク」(≠ME)で、幻想的な星屑のLEDに加え、夜空には、大掛かりな打ち上げ花火が何発も打ち上げられ、夏祭り感は最高潮に達し、名残惜しい雰囲気のまま、本編は終了した。フェスの思い出として記憶に残るであろう、この夏一番の盛り上がりを見せた。

 興奮冷めやらぬアンコールの拍手の中、グッズTシャツとスカート姿で再び3組のメンバーがステージに登場し、ファンとメンバーの大切な歌である「君と僕の歌」(≠ME)と「君と私の歌」(=LOVE)を披露。メインステージとバックステージを行き来し、各メンバーが、会場のお客さん一人一人の目を見つめ、心からの精一杯の感謝の想いを伝える姿が印象的だった。その後、ステージ上のモニターにて緊急告知映像が放映され、≠MEの全国ツアー、=LOVEの5周年コンサート〈=LOVE 5th ANNIVERSARY PREMIUM CONCERT(東京・国立代々木競技場 第一体育館)〉、〈≒JOY初の特別公演(東京・山野ホール)〉、〈イコノイジョイ大運動会 2022(千葉・幕張メッセイベントホール)〉開催が大サプライズ発表された。

 =LOVEの齊藤なぎさの「続いての曲がラストの曲となってしまいます。皆さんまだまだ盛り上がれますよね!」の掛け声のもと、アンコールラスト曲は「青春“サブリミナル”」(=LOVE)を披露し余韻もつかの間、間髪入れずに=LOVEの野口衣織の「この時間がもっと長く続けばいいなと思ったの…だからもう1曲だけやりませんか?みなさん最後にデートしてください!」と、本公演2回目となる「トリプルデート」(イコノイジョイ)で夜公演は幕を閉じた。

 グループの垣根を越えたメンバー同士のクロストークや、弾ける笑顔に、初の3グループ合同野外フェスが、この夏最高の思い出となったことを感じた。=LOVEリーダーの山本杏奈は「ニアジョイちゃんたちの初ステージに、沢山の努力を感じました。そして、ノイミーちゃんの沢山の成長、=LOVEの沢山の頼もしさを感じました。この36人は、奇跡の運命で出会った36人だなと思いました。皆さん、私たちと出会ってくれて、本当にありがとうございました!これからも私たちが、一番の笑顔と元気をお届けできるように頑張っていきますので応援よろしくお願い致します!」と、改めて来場者、配信ライヴ視聴者への感謝の言葉で公演の最後を締めくくった。

 昼公演では、=LOVEが9月28日(水)に通算12枚目となるシングルを発売することが発表され、≠MEは8月3日(水)に発売される4thシングル「す、好きじゃない!」のMVを公開、≒JOYは8月6日(土)に、=LOVE、≠MEの出演が既に決定している〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック〉に出演することもサプライズ発表されている。

 3組合同での迫力あるスペシャルなステージパフォーマンスと、メンバーとオーディエンスが一体となった唯一無二の空間。=LOVE、≠ME、≒JOY、そしてファンの皆と作り上げた野外合同フェスならではの感動的な公演となった。

 なお、開催された、〈イコノイジョイ 2022〉(昼の部)ウォーターパーティー、(夜の部)シャッフルパーティーはApple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWAにて、セットリストのプレイリストも公開されている。ぜひ、フェスの余韻に浸りながらこちらのプレイリストもチェックしてほしい。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈イコノイジョイ2022〉セットリスト&プレイリスト
昼の部 ウォーターパーティー
lnk.to/WaterParty2022

夜の部 シャッフルパーティー
lnk.to/ShuffleParty2022

=LOVE official site
equal-love.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015