ニュース

ヤコブ・ブロ&ジョー・ロヴァーノ、ポール・モチアンに捧げるトリビュート・アルバムをECMから発表

2022/10/07 13:16掲載
はてなブックマークに追加
 ビル・エヴァンスキース・ジャレットのトリオで活躍し、多くの名盤に携わったドラマー、ポール・モチアンが2011年に80歳で亡くなってから11年。デンマーク人ギタリストのヤコブ・ブロと米国人サックス奏者のジョー・ロヴァーノが、3人のベーシスト(ラリー・グレナディアトーマス・モーガンアンダース・クリステンセン)、2人のドラマー(ジョーイ・バロンホルヘ・ロッシ)とともに制作したトリビュート・アルバム『ワンス・アラウンド・ザ・ルーム トリビュート・トゥ・ポール・モチアン』を、11月4日(金)にECMから発表します。アルバム発売に先駆けて、収録曲「Song To An Old Friend」が先行配信中です。

 収録曲はブロとロヴァーノによるオリジナルを2曲ずつと、モチアンが作曲した「ドラム・ミュージック」の全5曲。2021年11月にデンマーク・コペンハーゲンのThe Village Recordingスタジオでレコーディングされました。

 モチアンとビル・フリゼール(g)とのトリオで30年間(1981〜2011)活動したロヴァーノは、「ポールはほとんど毎日、ニューヨークのセントラルパークの貯水池の周りをジョギングしていて、その儀式にちなんだ〈Once Around the Park〉という曲があったんです。コペンハーゲンのレコーディングでは、スタジオの中で全員がある種の円形の状況に集まっていたので、曲を演奏したりソロを取ったりしながら、部屋の中を回っているような感じだったのでこのタイトルにしました。バンドスタンドやスタジオで演奏するたびに思うのは、音楽は深い呼吸と耳を澄ませるものでなければならないということです。楽器の名人芸を披露するのではなく、即興の技術、その場にいること、音楽と一緒にいることが大切なのです」とこのアルバムについて語っています。

 モチアンの2005年リリースのアルバム『Garden of Eden』でECMデビューしたブロは、「私がポールの音楽でとても好きなのは、彼の演奏と作曲の両方における美的感覚です」「自分の曲でもスタンダード曲でも、それがポール・モチアンであることはあきらかでした。彼が人々をまとめ、バンドを組織する方法もまた刺激的でした。個人的には、ポールの作曲するハーモニーの世界は、私が自分の曲作りに何か個性を求めるうえで欠かせないものでした。徐々に、私の曲はポールの曲に直接関係するものから、彼の影響やアイディアをより北欧的なトーンにつなげられるようになりました。私は、詩篇であれ民謡であれ、子供の頃の音楽と関わり始め、様々な影響を受けた世界との間に橋をかけ始めました。ポールのインスピレーションが、私の声を育ててくれたのです」とコメントしています。

 ブロとロヴァーノが初めて一緒に仕事をしたのは2009年、コペンハーゲン・ジャズハウスで3夜にわたって行なわれた、アンダース・クリステンセン、ドラマーのヤコブ・ホイヤーとのトリオにサックス奏者が加わった時でした。「彼の音、リズム感、表現力にはずっと魅了されてきました。ジョーの演奏からは、いつもジャズの深い歴史が感じられるのと同時に彼は独自の音色と音楽へのアプローチを持っています。彼のハーモニーの世界も前を向いているんです」とブロはロヴァーノの音楽を語ります。

 ロヴァーノは、この若いギタリストのサウンド、つまりハーモニーの煌めきやターリングライン、ループしたアトモスフェリックについて言及し「ヤコブはビル・フリゼールの偉大な弟子でありながら、音楽と人生について独自のヴィジョンを持っている」「彼はリード・ギター・プレイヤーではないんだ。どちらかというとオーケストラのようなサウンドで、とてもクリエイティヴ。このアルバムの構想には、本当に彼の力が必要だったのです」とその才能を称賛します。

 ロヴァーノは本作品のために、12音でドローンをちりばめた「As It Should Be」(そのタイトルは、1985年にECMからリリースされたモチアン / ロヴァーノ / フリゼール・トリオの1stアルバムのタイトル曲「It Should've Happened a Long Time Ago」を暗示している)を提供しました。この曲とロヴァーノが提供しているもう1曲「For the Love of Paul」は、ダブルドラムをうまく使ってアンサンブルのダイナミズムを高め、一方、ブロはバラード調の「Song To An Old Friend」(メロディのほとんどはロヴァーノが担当)とフォーク風の「Pause」を作曲し、ブロの親密な演奏がベースの下流で織り成しています。ロヴァーノのアイディアからアレンジされたグループ即興曲「Sound Creation」では、アンサンブルのオーケストラ・サウンドを雰囲気たっぷりに表現し、織り成すメロディはすべてその場で考案されました(ロヴァーノは途中でテナー・サックスを持ち替えて東ヨーロッパのリード楽器タロガートでラインを追加している)。

 このアルバムで唯一モチアンが作曲した「Drum Music」では、バロンとロッシがそれぞれ単独で、さらに一緒にも演奏しています。「この曲はポールが僕とビルと組んだトリオのテーマ曲のようなものだった」「私たちはいつもセットの最後にこの曲を演奏し、時にはテーマだけを演奏し、時にはテーマから飛び出すこともありました。このアルバムでは、この曲を深く掘り下げたんです。とてもパワフルな音楽に仕上がりました」とロヴァーノは語っています。

 アルバムの録音セッションを、ブロは「このグループのミュージシャンの数とみんなの忙しいスケジュールを考えると、みんなで可能な日をどうにか見いだし、それが、たまたまポールが去った日と同じになる確率はどれくらいあるでしょうか?このcovidの時代にみんながコペンハーゲンに来ることができたのは奇跡的なことでした。パリからジョー、ロンドンからラリー、ニューヨークからトーマス、スイスからホルヘ、ベルリンからジョーイが来て、私とアンデルスとで合流しました。スタジオには、温かくオープンな雰囲気が漂っていました。みんなポールとつながりがあって、なんだか彼が部屋の中にいるような気がしたんです」と振り返っています。



ヤコブ・ブロ、ジョー・ロヴァーノ『ワンス・アラウンド・ザ・ルーム―トリビュート・トゥ・ポール・モチアン』
JakobBro-JoeLovano.lnk.to/OAtRPR
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015