ニュース

ジャズ・トランペッター&シンガー、アンドレア・モティスが新作を携え4月に公演を開催

アンドレア・モティス(Andrea Motis)   2019/02/08 13:14掲載
はてなブックマークに追加
ジャズ・トランペッター&シンガー、アンドレア・モティスが新作を携え4月に公演を開催
 世界的評価が高まるスペイン・バルセロナ出身のジャズ・トランペッター / シンガーのアンドレア・モティス(Andrea Motis)が、ブラジル音楽を取り入れたニュー・アルバム『もうひとつの青』(UCCM-1251 2,600円 + 税)を3月1日(金)にリリース。このアルバムを携え、4月23日(火)から25日(木)までの3日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、4月26日(金)愛知・名古屋 BLUE NOTE、4月28日(日)神奈川・横浜 Motion Blue YOKOHAMAにて来日公演〈もうひとつの青〉を開催します。

 モティスは7歳から演奏を始め、ジョアン・チャモロが指導するサン・アンドレウ市立音楽学校でジャズを学び、2012年にスペインで行なわれたジャズ祭でクインシー・ジョーンズの目に留まり、2017年にワールド・デビューとなる『エモーショナル・ダンス』を発表。スペイン語、カタルーニャ語、ポルトガル語を巧みに操るヴォーカルと、しなやかなトランペット・プレイで一躍注目の存在となりました。

 2ndアルバム『もうひとつの青』は、サンバの巨匠イスマエル・シルヴァ、ロケ・フェレイラ 、パウリーニョ・ダ・ヴィオラが手掛けたブラジリアン楽曲に加え、モティスが以前から交流を持っていたモアシール・ルースとルイス・タチーチ、そしてコンテンポラリー界からホドリゴ・マラニャォンホベルタ・サーを起用し、リズム、言語、そして様々な文化に対する彼女の強い気持ちを反映した作品となっています。

 茶目っ気のあるサンバ「ブリーザ」や、壮大なバラード「センシ・プレッサ」などのオリジナル楽曲、カタルーニャ人シンガー、ジョアン・マヌエル・セラートのアンセム「メディテラーネオ」のカヴァー、日本盤ボーナストラック「ジョ・ビン」など全14曲を収録。彼女の師であるチャモロら母国の名ジャズメンに加え、パンデイロの鬼才セルジオ・クラコウスキや実妹のギター奏者カルラ・モティスらが演奏で参加しています。公演の詳細は各会場のオフィシャル・サイトでご確認ください。

■2019年3月1日(金)発売
アンドレア・モティス
もうひとつの青

CD UCCM-1251 2,600円 + 税

[収録曲]
01. アントニコ
02. ソンブラ・ヂ・ラー
03. ブリーザ
04. センシ・プレッサ
05. メディテラーネオ
06. フィーリョ・ヂ・オシュン
07. マダムとの喧嘩はなんのため
08. 孤独のダンス
09. サウダージス・ダ・グアナバーラ
10. ショーロ・ヂ・バイリ
11. レコル・デ・ニット
12. サンバ・ヂ・ウン・ミヌート
13. バイアォン・ヂ・クアトロ・トーキス
14. ジョ・ビン ※日本盤ボーナス・トラック

アンドレア・モティス・クインテット “もうひとつの青”

2019年4月23日(火)〜25日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/andrea-motis

2019年4月26日(金)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201904.html#0426

2019年4月28日(日)
神奈川 横浜 Motion Blue YOKOHAMA
www.motionblue.co.jp/artists/andrea-motis
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015