ニュース

映画 「Cu-Bop」でフィーチャーされたアクセル・トスカらのトリオ “キューバップ”が来日

アクセル・トスカ・ラウガー(Axel Tosca Laugart)   2019/03/14 13:17掲載
はてなブックマークに追加
映画 「Cu-Bop」でフィーチャーされたアクセル・トスカらのトリオ “キューバップ”が来日
 キューバ音楽の現在を生々しく伝えた高橋慎一監督の音楽ドキュメンタリー映画「Cu-Bop across the border」でも大きくフィーチャーされた精鋭プレイヤーたちによるスペシャル・プロジェクト、トリオ “キューバップ”が、 4月15日(月)と16日(火)の両日に亘り、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を行ないます。

 トリオ “キューバップ”は、「Cu-Bop across the border」のメイン・アーティストのひとりで、キップ・ハンラハンとの共演で知られるヴォーカリストのシオマラ・ラウガーを母に持つ精鋭ピアニスト、アクセル・トスカをはじめ、最先端ラテン・ジャズをプレゼンスするユニット“(U)nity”をトスカとともにオーガナイズする米ニューヨーク在住のドラマー、アマウリ・アコスタ、“フューチャー・プロスペクト”でも活動を続けるベース奏者ブランドン・レーンの3名によって結成。様々な音楽を自由に行き交う彼らが提示する、最先端のジャズ / アフロ・キューバン・プロジェクトです。座席の予約は、Jam Session会員が3月19日(火)、一般Webが3月23日(土)、一般電話が3月26日(火)よりそれぞれ受付開始。詳細はBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。

トリオ “キューバップ” featuring アクセル・トスカ、
アマウリ・アコスタ & ブランドン・レーン

www.bluenote.co.jp/jp/artists/axel-tosca

2019年4月15日(月) / 16日(火)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
チャージ 7,000円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
アクセル・トスカ(p, key)
アマウリ・アコスタ(ds)
ブランドン・レーン(b)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015