ニュース

BABYMETAL、大熱狂のワンマン・ライヴ開催!

BABYMETAL   2012/12/25 15:07掲載
はてなブックマークに追加
BABYMETAL、大熱狂のワンマン・ライヴ開催!
 12月20日(木)、BABYMETALが東京・赤坂「BLITZ」でワンマン・ライヴ〈I、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭〉を開催! この日は、メイン・ヴォーカルをつとめるSU-METALの聖誕祭ということもあり、お祝いムードも漂う中、初の海外公演を経てさらにパワーアップしたBABYMETALのパフォーマンスに約1,500人の観客が大熱狂!

 平日開催にも関わらずチケットはソールド・アウト。超満員の観客で膨れ上がった会場はカオスな熱気に包まれる……。前回〈I、D、Z〜LEGEND“I”〉公演で明らかになった“メタルレジスタンス”の物語がスクリーンに映し出されると、客席から大きな歓声が上がり、いよいよ開幕! デスメタル・ナンバー「BABYMETAL DEATH」のイントロではステージ全面に張られたスクリーンへメンバーのシルエットが浮かび上がり、強烈なドラムのリズムと共に一気にスクリーンが振り落とされるとステージ上にメンバーが降臨。オープニングからモッシュの嵐が渦巻く!

 MCは挟まず「君とアニメが見たい〜Answer for Animation With You』『ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」と立て続けに披露すると、ここで今までのSU-METALの軌跡を紹介した映像をはさみ、スペシャル企画のSU-METAL聖誕パーティ〈15(いちご)の夜〉へ。まずはSU-METALがソロで登場し、ちょうど彼女が生まれた15年前の冬に発表されたSPEED「White Love」をメタルコア・アレンジで披露。伸びやかで力強い歌声に観客は酔いしれる。

 続けてYUIMETALとMOAMETALが2人だけで登場し、SU-METALが小学生時代に活動していたグループ“可憐Girl's”のデビュー曲「Over The Future」をメロスピ・ヴァージョンでお届け。さらに、曲の途中から“ご本人登場”とばかりに2階建てになったステージ上部からSU-METALが登場!

 鳴り止まない拍手の中、「ヘドバン! ヘドバン!」と「ヘドバンギャー!!」の掛け声が流れると、突如バックバンド“骨”と同じ格好をした女性ダンサーが登場し、「ヘドバンギャー!! リミックスバージョン」が初披露。メタル曲「ヘドバンギャー!!」がドラムステップやダブステップを取り入れたクラブ・ライクなアレンジに様変わりし、ダンサーも交えてのバッキバキでキレッキレなダンス・パフォーマンスに会場は一気にクラブへと変身。盛り上がりは一気に頂点へ。


BABYMETAL


 普段のBABYMETALとは違ったスペシャル企画を披露したところで再び映像が入り、はしゃぎすぎたYUIMETALとMOAMETALが敵の罠にはまってしまったというストーリーから2人の“BLACK BABYMETAL”による「おねだり大作戦」へと突入。

 後半戦は「リン!リン!リン!」のイントロが鳴り響く中、「ド・キ・ド・キ☆モーニング」からスタート。続く「いいね!」では観客がキツネサインにした手を一斉に上げたり下げたりと、メンバーと一体となってパフォーマンスに参加し、さらにヒートアップ。

 そして本編ラストは、完成から約2年間の沈黙を経て、ついに来年1月9日にリリースされることとなった「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。「イジメ!ダメ!」の掛け声と腕をクロスしてジャンプする「ダメ!ダメ!ジャンプ」で会場はさらに一体感を増し、疾走感溢れる攻撃的なサウンドと、アグレッシヴなパフォーマンスに会場のボルテージも上がる一方!

 アンコールの声が続く中、スクリーンには敵の罠にはまってしまったYUIMETALとMOAMETALを救い出すために、自らの命をかけてSU-METALが立ち上がるというストーリーが「ヘドバンギャー!!」の歌詞に出てくる主人公、15歳の少女のイメージとクロスしながら映し出される……。

 幻想的なクワイアと共に天から巨大な十字架が降りてくると「ヘドバンギャー!!」がスタート。SU-METALの歌声はさらに力強くなり、YUIMETALとMOAMETALも渾身のパフォーマンスを繰り広げ、観客のモッシュも一段と激しさを増し、ライヴはクライマックスへ。

 全力のパフォーマンスを披露し、全てを出し切ってうなだれる3人。一筋の光がSU-METALの元へ届き、SU-METALはまるで天使に抱きかかえられるように立ち上がり「翼をください -炎-」を歌い出す。途中からYUIMETALとMOAMETALも加わり、聖なる合唱へと変わっていく。SU-METALは十字架に向かって、まるで天へ昇っていくかのようにステージの階段を上り、翼を広げるようにして自らの両手を十字架にはりつける。フィードバックの轟音が鳴り響く中、「ギャーッ!!」というスクリームを発したSU-METALと十字架をとり囲むように、勢い良く火柱が上がり一面が火の海へ……!


BABYMETAL


 驚愕のエンディングで幕を閉じた〈I、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭〉。間髪入れず、次なる“伝説”を暗示する映像が映し出され、〈I、D、Z〜LEGEND“I”〉〈I、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭〉と題されたワンマン・ライヴ三部作のファイナルを飾る〈I、D、Z〜LEGEND“Z”〉が2月1日、ZeppTokyoで開催されることが発表! 伝説の名にふさわしい一夜になること間違いなし!(Photo by Taku Fujii)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015