ニュース

ベルリン・フィルのトップスター8名がCD『シューベルト: 八重奏曲』を19年ぶりにリリース

ベルリン・フィル八重奏団(Berlin Philharmonic Octet)   2017/11/10 14:17掲載
はてなブックマークに追加
ベルリン・フィルのトップスター8名がCD『シューベルト: 八重奏曲』を19年ぶりにリリース
 2017年11月23日(木・祝)より、現音楽監督サー・サイモン・ラトル(Sir Simon Rattle)との最後の来日公演を開催するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。その第1コンサートマスターを務めるヴァイオリニストの樫本大進を含む、ベルリン・フィルのトップスター8名から成る“ベルリン・フィル八重奏団(Philharmonic Octet Berlin)”がCD『シューベルト: 八重奏曲』(BPOC-0001 3,000円 + 税)を11月15日(水)にリリース。

 ベルリン・フィル八重奏団は、シューベルトの八重奏曲を演奏するために、約80年前に結成されたベルリン・フィル最古の室内楽グループ。2013年に樫本のほか、ヴィオラにアミハイ・グロス(Amihai Grosz)、ホルンにシュテファン・ドール(Stefan Dohr)、ファゴットにモル・ビロン(Mor Biron)という、文字どおり21世紀のベルリン・フィルの“顔”とも言えるメンバーたちが加わり、新たなスタートを切りました。

 本作は、2014年1月、そして2017年1月の来日公演でも好評を博したシューべルトの八重奏曲を収めたもの。ベルリン・フィル八重奏団として同曲の録音は19年ぶりとなり、メンバーは「シューベルトがなぜ“歌曲王”と呼ばれているのか不思議。シューベルトは、ピアノも、ヴァイオリンも、室内楽も素晴らしい。この八重奏曲には音楽のすべてがつまっている」と語っています。

 レコーディング・プロデューサーは、彼らの音楽を熟知しているベルリン・フィルのチーフ・エンジニア、クリストフ・フランケ(Christoph Franke)が担当。3日にわたるセッション録音により、世界的奏者8人それぞれの音色が際立つうえに、アンサンブルの素晴らしさも伝わる仕上がりとなっています。初回仕様限定盤には、メンバー8人が語るシューベルトの八重奏曲およびフランケが、今回の録音について語ったインタビューを全収録したブックレットが付属します。

 ベルリン・フィルの来日と本アルバムのリリースを記念し、スマートUSENでは11月15日(水)より12月6日(水)にかけて、特集チャンネル「樫本大進とベルリン・フィルの仲間たち」の配信も決定。この番組では、「シューベルト: 八重奏曲」のほか、ベルリン・フィルによる過去の名演奏から樫本大進のソロ作品まで、さまざまな音源を織り交ぜて聴くことができます。

©Keita Osada

■2017年11月15日(水)発売
シューベルト: 八重奏曲
BPOC-0001 3,000円 + 税
octet.wisteriaproject.com
※ベルリン・フィル八重奏団メンバー、クリストフ・フランケのインタビュー映像も公開予定

[収録曲]
01. シューベルト: 八重奏曲

[演奏]
ベルリン・フィル八重奏団
樫本大進(1stvn)
ロマーノ・トマシーニ(2ndvn)
アミハイ・グロス(va)
クリストフ・イゲルブリンク(vc)
エスコ・ライネ(cb)
ヴェンツェル・フックス(cl)
シュテファン・ドール(hr)
モル・ビロン(fg)]

[録音]
2017年1月23, 30, 31日 東京 初台 東京オペラシティ コンサートホール
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015