ニュース

ビル・エヴァンス、1975年バンクーバーでの未発表ライヴ音源がリリース

ビル・エヴァンス(p)   2021/04/14 14:05掲載
はてなブックマークに追加
ビル・エヴァンス、1975年バンクーバーでの未発表ライヴ音源がリリース
 ジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンス(Bill Evans)が、カナダ・バンクーバーのクラブ「オイル・キャン・ハリーズ」に出演した際に録音された1975年6月20日の未発表ライヴ音源が、45年の時を経てアルバム『オン・ア・フライデイ・イヴニング』として6月18日(金)に日本先行発売されます。アルバムに収録される「アップ・ウィズ・ザ・ラーク」が公開中です。

 晩年を代表する名盤『アイ・ウィル・セイ・グッドバイ』『ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング』と同じ、エディ・ゴメス(b)、エリオット・ジグムンド(ds)とのトリオによるこの日のライヴは、カナダのラジオ局CHQMで番組のホストをしていたゲイリー・バークレイのために録音され、彼の番組で放送されたもの。録音テープは半世紀近く忘れ去られていましたが、所有者が2回代わった末に発掘されました。Plangent Processes社による音声修復とグラミー受賞経験もあるポール・ブレイクモアによる緻密なマスタリングが施されています。

 9曲入りのこのアルバムのブックレットには、グラミー賞受賞歴もあるアメリカのジャーナリスト、ラジオDJ、音楽評論家、作家のニ―ル・テッサーによるオリジナルのライナーノーツ(日本盤には日本語訳もあわせて掲載)のほか、エディ・ゴメスとエリオット・ジグムンドへの新たなインタビューや、オリジナル曲やスタンダード曲を含む曲目解説を掲載しています。

 また、ビル・エヴァンス史上初のレーベルを超えた音源から、全61トラックを収録するキャリアを網羅した5枚組CDボックス『Everybody Still Digs Bill Evans: A Career Retrospective(1956-1980)』が6月25日(金)に発売されます。

©Phil Bray



ユニバーサル ミュージック
universal-music.co.jp/bill-evans
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015