ニュース

CASIOPEA 3rd、新作『A・KA・RI』を携えツアーを開催 初ブルーノート東京公演も決定

CASIOPEA   2018/07/25 12:26掲載
はてなブックマークに追加
CASIOPEA 3rd、新作『A・KA・RI』を携えツアーを開催 初ブルーノート東京公演も決定
 日本を代表するフュージョン・バンドCASIOPEA 3rdが、7月18日(水)にリリースしたニュー・アルバム『A・KA・RI』(HUCD-10263 3,000円 + 税)を携え全国ツアー〈『A・KA・RI』 LIVE TOUR〉を開催。7月28日(土)広島 CLUB QUATTRO、7月29日(土)福岡 スカラエスパシオ、8月11日(土・祝)愛知・名古屋 DIAMOND HALL、8月12日(日)大阪・心斎橋 BIG CAT、8月18日(土)神奈川・川崎 CLUB CITTA' 、8月19日(日)宮城・仙台 Rensa (※SOLD OUT)、8月25日(土)鳥取県立倉吉未来中心 大ホールの7公演が発表されています。また、10月8日(月・祝)にはバンド初となる東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOでの公演も決定しました。

 野呂一生(g)、鳴瀬喜博(b)、大眄業(key)、そしてサポートとして参加する神保 彰(ds)からなるCASIOPEA 3rd。1977年に“CASIOPEA”としてスタートし、2012年に現在のユニット名で再始動。最新作『A・KA・RI』は、『A・SO・BO』(2015年)、『I・BU・KI』(2016年)に続く、希望をテーマにした3文字言葉がコンセプトのシリーズ3部作の完結盤。公演では最新作からのナンバーを軸に、人気曲もたっぷり披露される予定。インストゥルメンタル・ミュージック・シーンを牽引し続けるスーパー・バンドの最新ステージです。

 BLUE NOTE TOKYO公演の座席予約は、Jam Session会員が7月31日(火)、一般Web先行が8月7日(火)、一般電話が8月10日(金)よりそれぞれ受付開始。詳しくはBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトをご覧ください。

■2018年7月18日(水)発売
CASIOPEA 3rd
A・KA・RI

HUCD-10263 3,000円 + 税

[収録曲]
01. TSU - BA - SA
02. MISSIONS
03. I'LL BE RIGHT THERE
04. URBAN STARS
05. LIGHTS IN THE HEART
06. UI UIZ U UIZ US
07. GROUND FEELINGS
08. MAGIC TOUCH
09. ETHNIC STREET
10. LAST DANCE
11. FLOWER OF LIFE


2018『A・KA・RI』LIVE TOUR
www.casiopea.co.jp

7月28日(土)
広島 CLUB QUATTRO

7月29日(土)
福岡 スカラエスパシオ

8月11日(土・祝)
愛知 名古屋 DIAMOND HALL

8月12日(日)
大阪 心斎橋 BIG CAT

8月18日(土)
神奈川 川崎 CLUB CITTA
※指定席SOLD OUT

8月19日(日)
宮城 仙台 Rensa
※SOLD OUT

8月25日(土)
鳥取県立倉吉未来中心 大ホール

CASIOPEA 3rd BLUE NOTE TOKYO公演
www.bluenote.co.jp

2018年10月8日(月・祝)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場16:00 / 開演17:00
2nd 開場19:00 / 開演20:00
7,800円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
野呂一生(g)
鳴瀬喜博(b)
大眄業(key)
神保 彰(ds)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015