ニュース

エスペランサ、新プロジェクト〈12リトル・スペルズ〉をスタート 新曲とMVを毎日公開

エスペランサ(Jazz)(Esperanza Spalding)   2018/10/15 13:47掲載
はてなブックマークに追加
エスペランサ、新プロジェクト〈12リトル・スペルズ〉をスタート 新曲とMVを毎日公開
 第53回〈グラミー賞〉にて最優秀新人賞を受賞した“現代ジャズ・シーン最高の才媛”ことベーシスト / ヴォーカリストのエスペランサが、新プロジェクト〈12リトル・スペルズ〉のスタートを発表しました。10月7日より毎日、1つのスペルにちなんだ楽曲のミュージック・ビデオが自身のFacebookで公開されます。海外オフィシャル・サイトでは、それらの動画がまとめて掲載されています。12個すべてのスペルが出揃う10月19日には、この楽曲をまとめたEPとしてデジタル・ストリーミング・サイトにてリリースされる予定となってます。

 今回発表中の楽曲は、今年9月にイタリアの古城でエスペランサが作曲し、米ニューヨーク・ブルックリンでのレコーディング・セッションで完成したばかりのもの。本作ではエスペランサはヴォーカルに専念し、演奏にはマシュー・スティーヴンス(g)、ジャスティン・タイソン(ds)、アーロン・バーネット(sax)、バーニス・トラヴィス(b)、コーリー・キング(back vo)といった強力なメンバーが参加しています。

 このプロジェクトには、映像作家のカーメン・ダネシュマンジ、オペラ / 演劇監督のエルクハナ・ピュリッツァー、ワードローブ専門家のディエゴ・モントーヤ、ビデオ・アーティストのイーサン・サミュエル・ヤングがヴィジュアル・チームで参加。各共同編集者は、楽曲を聴くことなく、プロジェクトのタイトルとスペルだけからインスパイアされ「12リトル・スペルズ」を構成するヴィジュアルを創り出しています。

 エスペランサは近日中に12回からなるポップアップ・ショーの詳細を発表する予定。各ショーはそれぞれひとつのスペルに焦点をあてたもので、すべて異なる内容となり、来年公開されるライヴ・フィルムに収録されることになっています。ショーの会場では限定の音源やアイテムが販売され、それらの完全版パッケージは2019年に「コンコード」よりリリースが予定されています。毎回、創意工夫あふれる趣向で自身を表現しているエスペランサ。今回の新プロジェクトがどのようなものに発展していくか、今後も注目です。

エスペランサ
「12リトル・スペルズ」

www.esperanzaspalding.com/home#home-12littlespells

[トラック・リスト]
01. 12 Little Spells(Thoracic Spine)
02. To Tide Us Over(Mouth)
03. Until The Next Full(Eyes)
04. Thang(Hips)
05. Touch in Mine(Fingers)
06. The Longing Deep Down(Abdominal Portal)
07. You Have To Dance(Feet)
08. Now Know(Solar Portal)
09. All Limbs Are(Arms)
10. Readying to Rise(Legs)
11. Dancing The Animal(Mind/Brain)
12. With Others(Ears)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015