ニュース

ベルリンで研鑽を積む新進気鋭のピアニスト、北端祥人がリサイタルを開催

フランツ・リスト(Franz Liszt)   2018/10/09 12:39掲載
はてなブックマークに追加
ベルリンで研鑽を積む新進気鋭のピアニスト、北端祥人がリサイタルを開催
 京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後、現在はドイツ・ベルリンで研鑽を積む新進気鋭のピアニスト、北端祥人が、10月12日(金)東京・永福町 sonoriumでリサイタルを開催。

 北端は第6回〈仙台国際音楽コンクール〉第3位、第7回〈神戸芸術センター記念ピアノコンクール〉第1位など、数々のコンクールで上位入賞を遂げているピアニスト。日本では、仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会、〈仙台クラシックフェスティバル〉といったゆかりの地である仙台のほか、東京や大阪、長野・佐久穂町などにも招かれ、演奏を重ねています。また、大阪フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者の木下雄介、仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターの西本幸弘らの共演ピアニストとして、室内楽にも積極的に取り組んでいます。

 本公演のプログラムは、リストの「悲しみのゴンドラ第1稿」や『巡礼の年第2年〈イタリア〉』からの楽曲、ピアノ・ソナタロ短調、シューベルト / リスト編「住処」、シューマン / リスト編「春の夜」など、リストの手による作品とリスト編曲の作品を多く取り入れて構成された、作曲者の内面に迫る内容。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番とあわせ、ベルリンで学ぶ北端ならではの解釈が注目されています。

北端祥人 ピアノ・リサイタル
y-m-a.com/226

2018年10月12日(金)
東京 永福町 sonorium
開演 19:00
3,000円(全席自由・税込)

[曲目]
リスト: 悲しみのゴンドラ第1稿S.200/1
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第31番変イ長調op.110
リスト: 『巡礼の年 第2年〈イタリア〉』S.161より「婚礼」「ペトラルカのソネット第104番」「ダンテを読んで―ソナタ風幻想曲」
シューベルト / リスト編: 住処
シューマン / リスト編: 春の夜
リスト: ピアノ・ソナタロ短調S.178
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015