ニュース

GReeeeN、ドラマ『ストロベリーナイト』主題歌のMVが完成!

GReeeeN   2012/02/14 15:56掲載
はてなブックマークに追加
GReeeeN、ドラマ『ストロベリーナイト』主題歌のMVが完成!
 竹内結子が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『ストロベリーナイト』主題歌! GReeeeNが歌う「ミセナイナミダハ、きっといつか」。CD発売を2月22日に控え、すでに着うた(R)は配信開始2週目に1位を記録するなど(2月8日付)話題を呼んでいる本作、ミュージック・ビデオが完成!

 GReeeeNとしては初の“アニメーション”でのMVとなる「ミセナイナミダハ、きっといつか」。その世界をCMなどで活躍する演出家・菊池久志が完全ストーリー化し、作画にはウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ・ジャパンでディレクターをつとめ、『The Little Mermaid』や『ルパン三世 カリオストロの城』などを手掛けたアニメーターの橋本三郎が参加しています。なお、CD初回限定盤には特別仕様として“絵本”が付いてくるとのこと! こちらも注目を。


GReeeeN

GReeeeN

GReeeeN


<GReeeeNからのコメント>
 「新曲<ミセナイナミダハ、きっといつか>は、タイトルの通り、“見せない涙”という“強がり”は、とても強く気高くて、きっと必ず誰かの救いとなっている。という想いを込めています。そして、その辛さは、誰かを守った勲章であると信じています。今回のMV制作にあたり僕たちが楽曲に込めた想いを、菊池さんがストーリーにしてくださいました。登場するキャラクターは、みんな個性的で、誰も1人では小さな力だけど、1人1人が力を合わせて、辛くても、淋しくても、悲しくても、大きな夢を、力強く叶えようとする世界を描いています。この作品を、幅広い世代、親子でも観てもらえる作品を作りたくて、アニメーションを橋本三郎さんにお願いしました。<おかしなフルーツの森>や<大きな大きなキノコ>など、夢いっぱいのアニメを作ってくださり、僕たちもとても感動しています」

<菊池久志(原作)からのコメント>
 「この作品の原案を考える際、曲の世界感、詩から『人間の底力』を強く感じ、描きたいと思ったのがスタートです。この『人間の底力』を単に実写で描くのではなく、アニメで表現したいと思いました。キャラクターを設定していく中で出てきたのが、人間は主人公のみ、主人公を取り巻くキャラクターたちは動物などに設定しました。悪に支配された世界で、ひとりの少女がもがきながら、強がりながらも戦い、人間だけが持つ感情表現であり、チカラにもなりうる『ナミダ』によって『世界をカエル』というストーリーが生まれました。制作にあたって心がけたことは、主人公や登場するキャラクターたちの表情です。少女の様々な感情を、表情で伝えることを一番こだわり心がけました。また外見は強そうなライオンが、木から降りれず困っていたり、酔っぱらったネズミが魅せる様々な表情は必見です。たくさんのスタッフの思いが詰まった作品に仕上がりました。一度ではなく、二度、三度と皆様に楽しんで頂けると幸いです」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015