ニュース

J-POPバラードをソロ歌唱で堪能 夏のハロー!プロジェクト・コンサート開催

ハロー!プロジェクト   2020/07/13 12:58掲載
はてなブックマークに追加
J-POPバラードをソロ歌唱で堪能 夏のハロー!プロジェクト・コンサート開催
 モーニング娘。'20アンジュルムJuice=JucieつばきファクトリーBEYOOOOONDSなど、ハロー!プロジェクト所属グループが集結する夏のコンサート・ツアー〈Hello!Project 2020 Summer COVERS〜The Ballad〜〉が、7月11日(土)東京・中野サンプラザより開幕しました。

 本ツアーは、新型コロナウイルスへの感染予防対策として会場の消毒・マスク着用・検温・入場時の手指消毒・三密防止の徹底などをはかったうえで、観客側が発声を伴わずに楽しめるものをということで、出演メンバーがそれぞれソロで、J-POPのバラード曲を中心とした楽曲をカヴァーして歌うというハロー!プロジェクトにとって初めての試みとなるコンサート。ファイナルとなる8月30日(日)愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホールまで、全国7会場、14日程で全33公演の開催を予定しています。

 カヴァーされる楽曲については事前に公式サイトで52曲が公開されており、メンバーは全グループからシャッフルされA・B・Cの3つのチームになりますが、どの楽曲をどのメンバーが歌うかについては当日までのお楽しみとなっていました。さっそく初日&2日目を見たファンからは“○○を○○が歌うだと……?”“○○が歌う○○のはまるで異次元空間だった”など話題沸騰となっています。

 なお、出演順は事前にくじ引きで決定され、毎公演ランダムとなります。初日・2日目の出演順を決めるくじ引きの模様は7月16日(木)にYouTubeの“OMAKE CHANNEL”にて動画公開される予定。

 また、OGメンバーによる司会も7月11日は保田 圭、7月12日は矢口真里、7月18日(土)&19(日)は中島早貴が担当。7月25日(土)以降は決定次第オフィシャルサイトにて発表されるとのこと。

[オフィシャル・コメント]
段原瑠々(Juice=Juice /公演Aチーム)

Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:すごく緊張しました!皆さんに楽しく明るく幸せな感じが伝わればいいなと思って笑顔で、大切に歌わせていただきました。

Q:トップバッターをくじで引いた時の状況を教えてください。
A:袋に入ったくじが透明ボックスの中にあるのですが、1袋だけ豪華な“これ絶対普通じゃない”っていう袋が入ってたんです。それを引いたら見事に1番だったんです。私がくじを引く前には、すでに半分ぐらいのメンバーが引き終わってて、出演順の枠は最後から4番目ぐらいまで埋まってたんです。最後じゃないならちょっとインパクトのある方にしようと思って、ある意味狙いに行きました!(笑)

譜久村 聖(モーニング娘。'20/公演Aチーム)
Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:人生で1番!?ってぐらい緊張しました。ですが、開演してホールに出て行った時は、素直にコンサートができるのが嬉しいって気持ちで、皆さんの顔見てウルってきました。自分の出番の時には、直前に歌詞を忘れるくらい本当に緊張してて、7番目だったのですが、早く感じるぐらいでした。不安は強かったですが、私自身がファンでもある平井 堅さんの「僕は君に恋をする」を歌えるのが嬉しくて、“こういうチャンスは今までに訪れなかったことだから”と思い、ファンの皆さんに “これも良いね!” と思ってもらえるように唄いました。歌唱後にステージ袖にハケた時、保田さんが「頑張ったね。よかったよ!」と言ってくださって、それが嬉しかったです。もう、仏って感じでした!(笑)今回は1人ずつステージに上がるので、精神面もすごく鍛えられると思いますし、メンバーそれぞれ新しい表現の幅も広がっていくと思います。メンバーの新しい一面が見られるコンサートなんじゃないかなって思います。1番であんなに綺麗に歌いあげた段原は本当にすごいと思う。精神強すぎる!私、多分トップバッターだったら歌えてなかったです。個人的に注目して欲しいのは、小田さくら(モーニング娘。'20/公演Cチーム)です!
 
保田 圭(MC)
これだけ後輩メンバー一人一人の歌をじっくり聞く機会というものがなかなかないので、純粋に私は楽しんで参加させていただきました。先輩としては歌声がみんな素敵だったっていうのもありますし、後はやっぱり一人でステージに立つことって中々あることじゃないので、みんな尋常じゃなく緊張しているのを感じましたし、一人ずつ歌唱を終えて戻ってくると必ずそれを口にしてたので、「がんばれ」っていう思いの後に「素敵だったよ」っていう素直な思いで声をかけました。もし逆に自分がステージで歌う立場だったら、超絶緊張すると思います。(笑)

生田衣梨奈(モーニング娘。'20/公演Bチーム)
Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:私は今回トリだったんですが、本当に口から心臓が出るというか胃が出そうなぐらい過去イチ緊張したし、今までモーニング娘。やってきた中でも初の試みだからこそ、今までと違う意味で終わった後もドキドキしてるし。この緊張はいい意味での緊張だと思っているので、今回の経験を活動に活かして、ソロパートも増やせたらいいなって思います。

山岸理子(つばきファクトリー/公演Bチーム)
Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:中野サンプラザでソロで歌わせていただいたのは、ハロプロ研修生の実力診断テスト以来で、約6年ぐらい前です。実際にお客さんの前で歌を披露するのも久しぶりだったので、鳥肌が立ちました。楽曲を聴きこんでたくさん練習して、歌詞もちゃんとお客さんに伝わるように歌い方も気をつけて歌いました。今回ソロだったので 1 人で戦ったというか、自分自身と戦ったという感じなんですけれども、やっぱりみんなと早くステージに立ちたいなっていう思いはあります。

山夢羽(BEYOOOOONDS/公演Cチーム)
Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:今回は久しぶりに応援してくださる方たちの前でパフォーマンスさせていただいたんですけど、やっぱりこうやって皆さんがペンライトを振ってくれたり拍手をしてくださるのって、すごい自分の力になるんだなって。一人一人が私の方を見てくださる思いを感じて、私ももっと上手なものを皆さんに届けなければ!というエネルギーをいただきました。“こんなに緊張してるのに最後まで息が続くかな”とか、いろんなことを頭の中で考えながらのパフォーマンスだったんですけど、練習どおり行けた自信はあります。 今はすごいほっとしてます。

竹内朱莉(アンジュルム/公演Cチーム)
Q:ステージに立ってみて、どうでしたか?
A:本当に体感したことのない緊張感というものを初めて味わいました。間奏明けに絶対魔物か何かいるんですよね。(笑)前半はそこまで緊張せずに“行けるかも”と思って調子に乗って、エンジンかけたら間奏明けに突然声が震える、倍の緊張感が襲ってくるっていう事態になったので。次は冷静に慎重に歌いたいなと思いました。こんな経験は今後あるかどうか分からないので、いい経験をさせてもらえたなと思います。曲は事前に発表されていて、当日まで誰が歌うかお楽しみって形なんですけど、老若男女問わずいろんな方に楽しんでいただけるライブなんじゃないかなと思います。

Q:担当以外で気になる曲/メンバーは?
A:私は高木紗友希ちゃん(Juice=Juice/公演Cチーム)がすごく気になりますね。とんでもない歌声の持ち主なので!アンジュルムで注目して見てほしいのは伊勢鈴蘭ちゃん(アンジュルム/公演Bチーム)です。まだ加入して1年半ぐらいしか経ってないんですけど、“こんなに歌えるんだ!”っていう風に驚きました。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈Hello! Project 2020 Summer COVERS〜The Ballad〜〉
www.helloproject.com/event/detail/f69f84676a208721819c1298c66326e037f49b41
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015