ニュース

ヒルクライム、横峯さくらをサプライズ!

ヒルクライム   2010/01/25 14:40掲載
はてなブックマークに追加
ヒルクライム、横峯さくらをサプライズ!
 1月13日にリリースされた1stアルバム『リサイタル』が、1月25日付けのオリコンウイークリーチャートで2位を獲得! すでに20万枚のセールスを突破する勢いとなっているヒルクライム。1月22日(金)、東京・赤坂にて行なわれた、女子プロゴルファー・横峯さくらの賞金女王祝賀会に、サプライズ・ゲストとして出演しました!

 今回のサプライズ・ライヴは、父親である良郎氏が、横峯さくらがヒルクライムの大ファンだということを知り「ぜひ祝賀会でライヴをしてもらいたい」と熱烈オファーをして実現したもの。

 横峯さくらには、このことはまったく知らされておらず、祝賀会が佳境に入った頃、良郎氏がさくらをステージ上に呼び寄せ、ヒルクライムがお祝いに駆けつけていることを告げると、さくらは「嘘でしょ?」と何度も繰り返し、まったく信じていない様子。だが、本当に花束を持ったヒルクライムがステージ上に現れると、「えー!! ウソー!?」と驚きの表情!

 ヒルクライムは「さくらさんにとって今日がいい思い出になってくれるよう、そして今年がまたいい一年になってくれるよう祈りながら歌います」と、大ヒット曲「春夏秋冬」を500人を超える招待客の前で熱唱。客席からも大きな歓声が飛ぶ中、MCのTOCのどこか切なさを感じさせる歌声が会場内に響き渡り、横峯さくらは、ステージ横の特等席でその歌声にうっとりと聴き入っていました。

 「今まで生きてきた中で一番と言えるくらいビックリした出来事でした。ヒルクライムの2人に会えて、生で歌を聴けて、嬉しくて言葉にならないです」とこの日の感想を語った横峯さくら。また、ヒルクライムの2人は、大ヒット中の1stアルバム『リサイタル』を横峯さくらに「よかったら聴いてください」と手渡し、固い握手。

 2009年、賞金女王の横峯さくらと同じく、新人賞トリプル受賞アーティストとして大躍進を果たしたヒルクライム。2月からは『リサイタル』を引っさげたツアーもスタートです!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015