ニュース

ユベール・スダーン&東京交響楽団、中国・大連でのコンサートをレポート

ユベール・スダーン   2010/08/04 15:04掲載
はてなブックマークに追加
ユベール・スダーン&東京交響楽団、中国・大連でのコンサートをレポート
 東京交響楽団が7月27日、中国・大連市において日本のオーケストラとして初めて大連公演を行ないました。

 この公演は今年2月に大連の要人が訪日した際、東京交響楽団のコンサートを聴いて感動し、東京交響楽団を大連に招いてコンサートを開催することを強く希望して急遽決まったものです。

 同楽団にとっては音楽監督ユベール・スダーン(Hubert Soudant)率いる初の海外公演となり、スダーンが得意とするシューベルト「ロザムンデ」序曲、未完成、ブラームスの交響曲第1番というロマン派のプログラムで臨みました。

 ほぼ満員の聴衆は熱心に聴き入り、アンコールでその熱気は最高潮に達して、スダーンは何度も呼び戻されました。用意してきたアンコール3曲を演奏しても、鳴り止まぬ拍手に、「八木節」をもう一度演奏したほど。

 主催の大連市文化局長も「大連市で今回のようにレベルの高い演奏が聴けたのは初めて。今後も交流を続けていきたい」と感想を述べていました。

 近年、スダーンのもとでめきめきと実力を上げ、日本国内での評価を高めている東京交響楽団。世界に向けてもその存在をアピールしたようです。


ユベールスダーン
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015