ニュース

HY、紅白初出場が決定!

HY   2010/11/26 15:36掲載
はてなブックマークに追加
HY、紅白初出場が決定!
 11月24日に発表された、大晦日の「NHK紅白歌合戦」出場者。そうそうたる出場者の中、初出場5組にはHYの名前も! 2010年を締めくくるライヴ・パフォーマンスに期待です!

 沖縄在住のインディーズ・バンド、HY(バンド名も、彼らの地元・東屋慶名“Higashi Yakena”が由来)。メジャーのビジネス戦略とは異なり、これまでシングルは一切なく、アルバムのみリリース。しかも結成10周年というのに、6枚のアルバムしか出していない“沖縄タイム”のマイペースっぷり!

 タイアップも数えるほどで、地上波のテレビにもめったに出てこない彼らは、ストリートからスタートした生粋の“ライヴ・バンド”。2001年、沖縄限定でリリースした1stアルバム『Departure』は、瞬く間に10,000枚が完売となり、その噂を聞きつけた(20社を超える)レコード会社が足を運んだとのことですが、HYは自らの道を歩むため、インディーズで音楽活動を続けることを選択。

 その後、2002年に『Departure』を全国発売、翌2003年にリリースした2nd『Street Story』が、インディーズ史上初のオリコン総合チャート初登場1位、そして4週連続1位という記録を打ちたて、ミリオンセラーを達成(現在135万枚)。その後リリースした『TRUNK』『Confidence』でも初登場1位、いずれも70万枚以上のセールスを記録しており、それぞれのアルバムには、年間カラオケランキングで、リリースから5年以上経った今でも上位に入る「AM11:00」「てがみ」「Song for・・・」「NAO」など、確かな光を放つ“名曲”が収められています。

 そして最も耳に新しい曲は、2008年にリリースした『HeartY』に収録された、HYの紅一点、仲宗根泉が歌い上げるラブ・バラード「366日」。映画&連続ドラマ『赤い糸』の主題歌に抜擢され、彼らの初めてのタイアップとなったこの曲は、女子高生を中心に爆発的なヒットとなり、現在配信で450万ダウンロードを突破。YouTubeでは現在950万回を超える視聴数を記録するほど。

 もちろん、今までのワンマン・ツアーのチケットは即日完売、常にプレミアもの。会場がストリートであろうとアリーナであろうと、変幻自在に音楽を表現するHY、今年3月からは全都道府県162本のライヴハウス・ツアーを行なっており、来年3月までに8万人を動員する予定(ちなみに、紅白の記者発表を欠席したのは、109本目のライヴ当日だったため)。

 今年1月には、仲宗根泉がおじぃ・おばぁの話を聞いたことがきっかけで生まれ、沖縄で受け継がれる“命どぅ宝(命こそ宝)”の思いが込められた「時をこえ」をはじめ、結成10周年を経た彼らが、この先の10年へと向けた意欲作『Whistle』をリリース。8月には、1年以上に渡る長期取材から構成されたドキュメント番組『僕らが伝えなきゃ 〜HY沖縄から“命”を歌う〜』(NHK)も放送され、世代を越えて大きな反響を呼ぶなど、沖縄にしっかりと足をつけ、等身大の音楽を歌い続けているHY。今年の『紅白歌合戦』のテーマ“歌でつなごう”、実は彼らに一番ふさわしいのかも。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015