ニュース

インターポール、フロントマンのポール・バンクスが監督したミュージック・ビデオを公開

インターポール   2014/09/19 15:56掲載
はてなブックマークに追加
インターポール、フロントマンのポール・バンクスが監督したミュージック・ビデオを公開
 2002年のデビュー・アルバム発表以来、ニューヨークを代表するバンドとして第一線の活躍を続けるインターポール(Interpol)。今月リリースとなった約4年ぶりとなるニュー・アルバム『エル・ピントール』(HSE-30341 2,371円 + 税)が世界各国で絶賛されている彼らですが、その新作アルバムより「Twice As Hard」のミュージック・ビデオが公開となりました。

 懸命にトレーニングに励むボクサーたちの姿が印象的な今回のビデオですが、なんと監督を務めたのはバンドのフロントマンであるポール・バンクス! 重厚なサウンドにあわせて写し出されていくストイックなボクサーたちの姿は、ベーシストのカルロス・D脱退を乗り越え、約4年という歳月をかけて新作を生み出したインターポールの音楽に向き合う真摯な姿勢を表わしているかのよう。

 バンドとしての活動の傍らソロとしてもアルバムを発表する音楽の才能はもちろん、監督としての才能も開花させたこのポールの自信作を見れば、インターポールの世界にもっとハマること間違いありません。


 また、ニュー・アルバムの制作秘話をメンバー自身が語った長編インタビュー映像(日本語字幕付き)も公開になりました。

 ニュー・アルバム制作過程の実際の様子まで見ることができる貴重な今回の映像。2年半活動をしていなかったという彼らが活動を再開した時の様子や、新作に対する思い、そして新作を披露するライヴに至るまでをメンバーたちが赤裸々に語ってくれています。

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015