ニュース

ジャン・ロンドー、クレメンティらの教則本的な作品を収める新作を発表

ジャン・ロンドー   2023/01/17掲載(Last Update:23/01/19 18:12)
はてなブックマークに追加
ジャン・ロンドー、クレメンティらの教則本的な作品を収める新作を発表
 クラヴサン奏者のジャン・ロンドー(Jean Rondeau)が新作アルバム『Gradus ad Parnassum / パルナッソス山への階梯』を3月3日(金)に発表します。クレメンティパレストリーナフックスベートーヴェンモーツァルトらによる教則本的な作品を収録。2021年10月8日から12日までにスイス ラ・ショー・ド・フォンのサル・ド・ムジークで録音されました。

 アルバムのタイトルになっている「Gradus ad Parnassum」とは、パルナッソス山への階梯という意味のラテン語。「階梯」はここでは「段階」を意味します。パルナッソス山は芸術や学問の聖地とされることから、「Gradus ad Parnassum」というタイトルは芸術の教則本などによく用いられてきました。古典派以前にはそうした作品集はありませんでしたが、イタリアの作曲家ムツィオ・クレメンティは100曲からなる高度なレベルのピアノ演習のコレクション『パルナッソス山への階梯』を作曲しています。

 ロンドーが新作で弾いているのは、そのクレメンティの『パルナッソス山への階梯』からの2曲を含む全14曲です。それ以前の教則本的な作品から、パレストリーナ、フックス、ベートーヴェン……と曲が進み、8曲目にクレメンティの練習曲集を皮肉ったドビュッシーによる「『子供の領分』より グラドゥス・アド・パルナッスム博士」を配置。その後ベートーヴェン、フックスらの曲があり、パレストリーナでアルバムを終えるシンメトリーに近い構成をしています。

 ワーナーミュージック・ジャパン取り扱い輸入盤CDのみ、日本語解説書・帯付き。また、ロンドーはこのアルバム収録曲を披露する来日公演を10月に予定しています。

ワーナーミュージック・ジャパン
wmg.jp/jeanrondeau/discography/27257
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015