ニュース

華原朋美、セルフ・カヴァー・アルバムの詳細が発表に

華原朋美   2013/05/21 14:45掲載
はてなブックマークに追加
華原朋美、セルフ・カヴァー・アルバムの詳細が発表に
 4月17日、ミュージカル「レ・ミゼラブル」劇中歌の日本語訳カヴァとなっている約7年ぶりとなる新曲「夢やぶれて- I DREAMED A DREAM -」をリリース、同楽曲がオリコン13位を獲得し8年7ヵ月ぶりにトップ20入りを果たした華原朋美。彼女が、デビュー曲「keep yourself alive」をはじめとする代表曲をオーケストラ / アコースティック・サウンドで全曲リアレンジしたセルフ・カヴァー・アルバム『DREAM-Self Cover Best-』を6月26日(水)にリリース!

 タイトルとなっている“DREAM”は、かつて“夢やぶれた”彼女が新たな夢を持って再び一歩踏み出していく気持ちを表現したもの。アルバムのジャケット写真は5月上旬に東京都内のスタジオにて撮影。復帰作となった「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」では、“救われない状況にある芯のある女性”がテーマとなっていましたが、今回は前作から一転、“今の華原朋美”を美しく描くことに注力。凛とした姿、強い眼差し、本当の意味での復活にかける彼女の想いが一枚の写真に閉じ込められています。

 気になるアルバムのはアルバムの内容。プロデュースは「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」に引き続き、全楽曲を武部聡志が担当。「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」の世界観を踏襲しながらも、各楽曲によって抑揚のついたサウンドメイキングをおこない、力強くなった彼女の歌唱力も加わって、名曲たちが“今”の華原朋美が感じられるものへと生まれ変わっています。華原はジャケット撮影について「ダイエット、リンパマッサージを頑張りました。今までにないモード系の写真に仕上がりました」とコメント。

 メインタイトルとなる「I BELIEVE」は総勢35名のオーケストラによる壮大でドラマチックなアレンジ。以前よりも表現力が洗練された歌唱力で、シンガー・華原朋美の円熟味を感じさせてくれるとのこと。また「keep yourself alive」「Hate tell a lie」の2曲は原曲の持つエッジィなグルーヴはそのままに、バンド・サウンドで重厚感ある聴き応えたっぷりの仕上がりに。そのほか、オーケストラによる独特に浮遊感が心地よく響く「save your dream」、ゴスペルクワイヤとの共演が感動を呼ぶ「LOVE BRACE」「LOVE IS ALL MUSIC」、ピアノバラードに生まれ変わった「たのしく たのしく やさしくね」など、アルバム全編がハイライト!

 セルフ・カヴァー曲の選曲やレコーディングについて「選曲は改めて歌ってみたい曲たちを集めました。いい曲・愛が溢れた曲ばかりです。 今回改めて歌うことになり、気を付けたことは歌詞の意味を意識し、一行一行正しく感情を伝えることでした。皆さんに歌で恩返ししたいです」と語る華原朋美。初のセルフ・カヴァー・アルバムは、往年の華原ファンならずともチェック必須です!

■2013年6月26日(水)発売
華原朋美
『DREAM-Self Cover Best-』

初回盤 CD + DVD UPCH-9873 税込3,890円
通常盤 CD UPCH-1939税込3,059円
 
[CD(曲順不同)]
01. keep yourself alive 
02. I BELIEVE 
03. Hate tell a lie  
04. LOVE IS ALL MUSIC
05. たのしく たのしく やさしくね
06. save your dream
07. LOVE BRACE
08. あなたがいれば
09. I'm proud -2013 Orchestra Ver.-
10. 夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-
全10曲収録(初回盤・通常盤共通)
 
[DVD]
I BELIEVE(New Ver.)ミュージック・ビデオ
「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM」メイキング・ドキュメンタリー・フィルム(仮)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015