ニュース

春日hachi博文、初となるソロ・アルバム『独りの唄』をリリース

春日博文   2018/05/22 12:52掲載
はてなブックマークに追加
 カルメン・マキ&OZやRCサクセション東京ビビンパクラブのメンバーとして活動し、“hachi”の愛称で知られる春日博文が、日本では初となるソロ・アルバム『独りの唄』(MBMC-1675 2,500円 + 税)を5月13日にリリース。

 春日は1954年、東京・青山生まれ。1970年代にカルメン・マキ&OZで活躍し、79年にRCサクセションに参加。音楽プロデューサーとしても活動し、仲井戸麗市ソウル・フラワー・ユニオンらのプロデュースを手がけています。1980年代後半からは韓国ソウルに拠点を移して音楽活動を続けています。

 本作は、RCサクセション時代にハワイでレコーディングした際、忌野清志郎が持ち帰った楽器を弾き始め、そのサウンドに魅了されたというウクレレを中心としたアコースティック・サウンドで構成。春日は韓国では2016年にソロ・アルバム『hachi uku songs』をリリースしているものの、日本語によるヴォーカル・ソロ・アルバムは今作が初となります。

 アルバム・カヴァーは春日の次女が中学生時代に描いた版画が使われ、ゲストには韓国で共演しているSim Jae Seong(b)や白崎映美(vo)らが参加。また生前の忌野の声が春日のオリジナル曲「ショーバイ」で使われています。

■2018年5月13日(日)発売
春日hachi博文
独りの唄

MBMC-1675 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ピカピカ
02. ムーンビーチの砂の上
03. Calypso Blue
04. ショーバイ
05. 約束
06. ママ
07. Joyspring
08. Summer
09. 南の果てで
10. 吟遊詩人のテーマ
11. 花たち
12. 御機嫌ようサヨナラ
13. ミズタマリ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015