ニュース

クラウス・マケラ、新作はパリ管とのストラヴィンスキー&ドビュッシー

クラウス・マケラ   2024/02/09 13:16掲載
はてなブックマークに追加
クラウス・マケラ、新作はパリ管とのストラヴィンスキー&ドビュッシー
 2027年からロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務める若手指揮者、クラウス・マケラが、2021年より音楽監督を務めるパリ管弦楽団との録音第2弾となる新作『ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》/ドビュッシー:《遊戯》《牧神の午後への前奏曲》』が、3月8日(金)にデジタル配信開始、国内盤CDが3月27日(水)に発売されます。このアルバムに収録されるストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』から「ロシアの踊り」が先行配信中です。

 ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』は2023年9月に、ドビュッシー:『遊戯』と『牧神の午後への前奏曲』は2023年12月に、いずれもパリ管の本拠地、仏パリのフィルハーモニー・ド・パリで録音されたもの。2023年7月、マケラ指揮パリ管がフランスのエクス=アン=プロヴァンス音楽祭で披露した『ペトルーシュカ』は、「マケラの指揮は、かつてないほど自由で柔軟…」(ル・フィガロ紙)、「リズムの正確さ、華麗さ、ユーモアがペトルーシュカに翼を与えた」(レゼコー紙)と絶賛されました。

 前作『ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》《火の鳥》』に続き「バレエ・リュス」作品を選曲したマケラは、今作について「《ペトルーシュカ》は、私が初めて指揮したストラヴィンスキーのバレエ作品です。初めて聴いたときからその素晴らしい物語と色彩に惚れこみ、私にとって非常に思い入れ深い作品です。《春の祭典》のような野太さや、《火の鳥》ような後期ロマン派の雰囲気はなく、他のバレエ・リュスの音楽とは一風変わった響きがあります。実に画期的なのは、ストラヴィンスキーが、自身の魅力的な想像力を表現する和声言語です。音楽の流れひとつひとつに物語があり、非常にカラフルで素晴らしい作品です」とコメントしています。

©Mathias Benuigui_Pasco And Co

ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/klaus-makela
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015