ニュース

クミコ、カヴァー・アルバムのリリース記念のコンサートを開催

クミコ   2014/06/23 15:15掲載
はてなブックマークに追加
 2010年開催〈第61回NHK紅白歌合戦〉に初出場、一躍脚光を浴びた実力派シンガー・クミコ。6月4日に日本コロムビア移籍後初のアルバム『美しい時代のうた〜クミコ コロムビア カヴァーズ〜』(写真)をリリースした彼女が、同作の発売を記念したコンサート〈クミコ スペシャルコンサート『愛のうた』2014〉を21日、東京・港区の六本木 EX THEATER ROPPONGにて開催。

 懐メロと昭和歌謡を中心に、コロムビアが誇る名曲群をシャンソン・ライヴ風アレンジで聴かせるカヴァー・アルバム『美しい時代のうた〜クミコ コロムビア カヴァーズ〜』。故・島倉千代子のヒット曲「からたち日記」を42年ぶりの正式録音として収録しているほか、バンドとヴォーカルの同時録音という現在では珍しいレコーディング・スタイルでも話題となっています。


 コンサートは、ゲストに下町娯楽バンド“オブサンズ・ジャズ・オーケストラ”を迎えて行なわれたもの。開催に際しクミコは「コロムビアに移籍してから初めてのアルバムを出させていただき、また新曲も7月に出させていただきますが、サッカーのワールドカップやオリンピックでも何でもそうですが、こういうことができるのは平和な世の中だからこそなんですね。今回のカヴァーアルバムの中には、戦前や戦中の曲もありますが、そういうところからどういうふうに歌が人を励ましていったのかというところも聴いていただけるかなと思います。また、新曲『広い河の岸辺』は、普遍的な人生の歌でして、広い河は渡れそうもないけれど、力を尽くして誰かと一緒に渡っていこうというのは、どんな状況にも当てはまることだろうなと思います。そんないつでも人の心を励ませるような歌を今日は皆さんにお聴きいただきたいなと思います」とコメント。


 満席の中、2月発売の目下最新シングル「指も髪も唇も」をはじめ、「東京キッド」「からたち日記」「夜のプラットホーム」「愛のさざなみ」「人形の家」「愛の讃歌」といった名曲、代表曲「INORI〜祈り〜」など全21曲を熱唱したクミコ。7月23日(水)に発売を控えるニュー・シングルル「広い河の岸辺〜The Water Is wide〜」(スコットランド民謡 / 訳詩・八木倫明)も初披露し、会場を沸かせました。

 また、〈FIFA ワールドカップ 2014〉日本対コロンビア戦を間近に控え「まさか自分が所属している間にこんなことが起きるとは思ってもいませんでした。『日本コロムビア』という社名のコロムビアのムとンの違いはありますが、歌はコロムビア、サッカーは日本を応援していただき、日本が勝ったらぜひ私のCDを買っていただきたいですね。日本とコロンビア戦は、3対1で日本の勝利を予想しています」と語る一幕も。

 クミコは今後、6月23日(月)に愛知・名古屋 アートピアホール、28日(土)は大阪・梅田 シアタードラマシティ、7月27日(日)には北海道・札幌 道新ホールでのコンサート開催が決定しています。

■2014年6月4日(水)発売
クミコ
『美しい時代のうた〜クミコ コロムビア カヴァーズ〜』

COCP-38507 2,500円 + 税

[収録曲]
01. からたち日記 / 島倉千代子(arr フェビアン・レザ・パネ)
02. 夜のプラットホーム / 二葉あき子(arr 佐藤 準)
03. 赤い靴のタンゴ / 奈良光枝(arr フェビアン・レザ・パネ)
04. 東京キッド / 美空ひばり(arr フェビアン・レザ・パネ)
05. ジャングル・ブギー / 笠置シヅ子(arr 上田 禎)
06. 雨のブルース / 淡谷のり子(arr フェビアン・レザ・パネ)
07. 胸の振子 / 霧島 昇(arr 上田 禎)
08. お使いは自転車に乗って / 轟 夕起子(arr フェビアン・レザ・パネ)
09. 東京ラプソディ / 藤山一郎(arr 上田 禎)
10. 愛のさざなみ / 島倉千代子(arr フェビアン・レザ・パネ)
11. 一本の鉛筆 / 美空ひばり(arr 上田 禎)
12. 人形の家 / 弘田三枝子(arr 上田 禎)
13. 四つのお願い / ちあきなおみ(arr 佐藤 準)
14. マイ・ラグジュアリー・ナイト / しばたはつみ(arr 上田 禎)
15. 愛の讃歌 / 越路吹雪(arr 上田 禎)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015