ニュース

EXIT TUNES『Vocaloseasons』第4弾発売 みきとP書き下ろし曲の動画公開

みきとP   2018/07/19 15:24掲載
はてなブックマークに追加
EXIT TUNES『Vocaloseasons』第4弾発売 みきとP書き下ろし曲の動画公開
 “季節にちなんだ楽曲”“この季節に聴きたい曲”など、季節をテーマにしたボカロ・コンピレーション・アルバム・シリーズの最終作となる第4弾『EXIT TUNES PRESENTS Vocaloseasons feat.初音ミク〜Summer〜』(QWCE-00654 2,600円 + 税)が7月18日にリリースされています。収録曲から“みきとP”(写真)による書き下ろし曲「少女レイ」の映像がニコニコ動画YouTubeにて公開中。

 本作には、みきとP、ユリイ・カノン、buzzGによる書き下ろし曲をはじめ、「Fire◎Flower」「イヤホンと蝉時雨」「トロピカル・サマー」「カゲロウデイズ」「ロケットサイダー」「アサガオの散る頃に」など、10周年を迎えた初音ミク楽曲や夏の定番ボカロ曲も収録。ジャケット・アートワークは、イラストレーター・賀茂川による作品をあしらったデザインです。

夏がテーマのボカロコンピということで、参加させていただきました。90年代のとあるドラマを題材に、蒸し暑い蝉の声と五月蝿い夏の静寂を楽曲にしました。
今回“エレキギターを使わずにロックする”という裏テーマを設けつつアコギをかき鳴らしました。
僕は夏男で、夏が好きなので、とっても夏は終わって欲しくないです。
それでは聴いてみましょう。

――みきとP



■2018年7月18日発売
V.A.
EXIT TUNES PRESENTS Vocaloseasons feat.初音ミク〜Summer〜

QWCE-00654 2,600円 + 税

[収録曲]
01. 少女レイ
(作詞 / 作曲: みきとP, 歌: 初音ミク)
02. カゲロウデイズ
(作詞 / 作曲: じん, 歌: 初音ミク)
03. Fire◎Flower
(作詞 / 作曲: halyosy, 歌: 鏡音レン)
04. ばけものぐるい
(作詞 / 作曲: ユリイ・カノン, 歌: GUMI)
05. ロケットサイダー
(作詞 / 作曲: ナユタン星人, 歌: 初音ミク)
06. 猛独が襲う
(作詞 / 作曲: 一二三, 歌: 初音ミク)
07. イヤホンと蝉時雨
(作詞 / 作曲: Orangestar, 歌: IA)
08. 背景、夏に溺れる
(作詞 / 作曲: n-buna, 歌: 初音ミク)
09. アサガオの散る頃に
(作詞 / 作曲: ぷす, 歌: 初音ミク)
10. 永遠花火
(作詞 / 作曲: 謝謝P, 歌: 初音ミク)
11. ガールフレンド・イン・ブルー
(作詞 / 作曲: カラスヤサボウ, 歌: 鏡音リン)
12. 夏の終わり、恋の始まり
(作詞 / 作曲: すこっぷ, 歌: GUMI)
13. トロピカル・サマー
(作詞 / 作曲: Dios / シグナルP, 歌: GUMI)
14. ブルートワイライト
(作詞 / 作曲: buzzG, 歌: 初音ミク)
15. フォトンブルー
(作詞 / 作曲: はるまきごはん, 歌: 初音ミク)

©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net ©INTERNET Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED ©1st PLACE Co.,Ltd. ©EXIT TUNES
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015