ニュース

元トランポリンズのメンバーによるパワー・ポップ・プロジェクト、ザ・ミスティーズが日本デビュー

ミスティーズ   2019/09/17 14:32掲載
はてなブックマークに追加
元トランポリンズのメンバーによるパワー・ポップ・プロジェクト、ザ・ミスティーズが日本デビュー
 1995年のアルバム『スプラッシュ!』が日本で10万枚を超える大ヒットとなったスウェーデンのポップ・バンド、トランポリンズのメイン・ソングライターだったヨハン・ステントープがパワー・ポップ・プロジェクトのミスティーズ(The Misties)を始動。デビュー・アルバム『ドリフトウッド』(CD SICX-130 2,400円 + 税)が10月9日(水)に日本先行発売されます。

 アルバム収録曲の「That Is Not What Friends Are For」と「Everything We Were」がSoundcloudで公開中。ビートルズポール・マッカートニーラズベリーズトッド・ラングレンバッドフィンガーELOXTC10ccジェリーフィッシュなどから影響を受けてきたという、ステントープならではのポップ・ミュージックの魅力が詰まったアルバムの一端を聴くことができます。

 アルバム・タイトルの『ドリフトウッド』(流木)について、曲を書くときに「海岸を歩きながら頭のなかでコード進行を考え、思いついた歌詞も携帯にメモする」ことからつけたとステントープは語っています。




ザ・ミスティーズは正真正銘僕のワンマン・プロジェクトなんだ。長年ほかのアーティストたちのために曲を書いたりプロデュースを手がけたりしてきたけど、自分が一番好きなスタイルでリードを歌ったり、曲を書いたりすることを恋しがっている自分に気づいた。ハーモニーを多用してちょっとしたひねりを効かせた、妥協のないポップをね。アルバム制作がスタートしたのはいまから6年前。新しい曲を書き始めたときには近くの海岸を散歩をしながら作業をする。アルバム・タイトルの『Driftwood』(流木)はそこからイメージしたんだ。海岸を歩きながら頭のなかでコード進行を考え、思いついた歌詞も携帯にメモする。それからフリーマーケットで買った36年製のレヴィンの古いアコースティック・ギターを奏でながら曲を仕上げていく。そうして紡ぎ上げたのが今回のアルバムなんだ。
ラッキーなことに本当にたくさんの日本を見ることができた。たくさんの都市を訪れて、どこに行っても本当にたくさんのすてきな人々がいた。渋谷のクラブ・クアトロでのライヴは最高だったよ。広島の平和祈念公園で原爆の日にプレイしたのは本当にスペシャルなことだった。とても悲しく、圧倒されたけど、同時にとても希望を感じるものだった。いつまでも忘れない。あの場にいることができたことが光栄に感じられたんだ。日本のことはあまりに思い出が多いから語り切れないけど一生の思い出だね。

――ヨハン・ステントープ

ザ・ミスティーズ
www.sonymusic.co.jp/artist/themisties
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015