ニュース

MONKEY MAJIK、前作に続き『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』主題歌を担当

MONKEY MAJIK   2021/06/23 15:26掲載
はてなブックマークに追加
MONKEY MAJIK、前作に続き『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』主題歌を担当
 令和最初の仮面ライダーとして話題を集めた大人気TVシリーズ『仮面ライダーゼロワン』。その後を描くストーリー、Vシネクスト『ゼロワン Others』第2弾となる『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』の主題歌をMONKEY MAJIKが担当することが決定。

 『ゼロワン Others』第1弾『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』の主題歌もMONKEY MAJIKが担当し、解禁時には仮面ライダーファンからの大きな反響を受けました。『ゼロワン Others』2作目となる主題歌担当に、MONKEY MAJIKは「僕たちも“ゼロワン”への思いを深めてきました」とコメント。今回の主題歌「Frontier」も本作のために書き下ろした1曲となっています。

 MONKEY MAJIKは、『仮面ライダーゼロワン』の変身ベルト・飛電ゼロワンドライバーの変身音も担当しており、主題歌としては『仮面ライダー×スーパー戦隊超スーパーヒーロー大戦』(2017年)、『仮面ライダー滅亡迅雷』(2021年)に続き、今作で3度目。仮面ライダーシリーズファンにとっても待望のコラボレーション楽曲が再び誕生しています。

 本主題歌「Frontier」は、Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』の初回限定版である「ダイアウルフゼツメライズキー&サーバルタイガーゼツメライズキー版」の封入特典に“主題歌CD”として封入されるとのことです。

 併せて、メイン・ヴィジュアルと予告編も公開。メイン・ヴィジュアルは、今作オリジナル・フォームの仮面ライダーバルカンローンウルフと仮面ライダーバルキリージャスティスサーバルをメインに、不破諫(岡田龍太郎)と刃唯阿(井桁弘恵)がゼロワンドライバーとショットライザーを手に決意の視線を向けている表情が印象的です。2人の背後にはイズ(鶴嶋乃愛)、天津垓(桜木那智)のほか、本作のカギを握る兵士型ヒューマギアのソルド9(菅原健)とソルド20(鳴海唯)、さらに飛電或人(高橋文哉)の姿も見受けられます。

 予告編は、特報で公開されたシーンに加え、仮面ライダー滅亡迅雷と1対1で戦う仮面ライダーバルカンと仮面ライダーバルキリーや、ZAIAから解放され、内部分裂を起こす兵士型ヒューマギア・ソルドたちが捉えられています。仮面ライダー滅亡迅雷の真意を探す諫と、人類との敵対を選んだソルドたちから狙われる唯阿。そして、宇宙にいる或人がかつての戦友たちを想う様子がうかがえます。それぞれの正義の末にたどり着く未来とはどんな世界なのか?さらに、ラスト・シーンの諫の頬に流れる血の真相とは?結末が気になる仕上がりとなっています。

 『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』は8月27日(金)から東京・新宿バルト9ほかにて期間限定上映となり、同日から、主題歌のショート・ヴァージョン「Frontier(Movie Version)」が配信開始となります。

[コメント]
ベルトの変身音にはじまり、『滅亡迅雷』の主題歌、そして今回は『バルカン&バルキリー』の主題歌を担当させていただき、僕たちも「ゼロワン」への想いを深めてきました。

今作は、いよいよ最終章。物語を見終えたときに感じる想いは人それぞれと思いますが、きっと誰もが「ゼロワン」シリーズを回想するのではないでしょうか。その余韻に添えられるような楽曲をイメージして制作しました。ぜひ集大成を見届けて欲しいと思います。

――MONKEY MAJIK

拡大表示



©2021 石森プロ・ADK EM・バンダイ・東映ビデオ・東映
©2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映


Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』
2021年8月27日(金)より東京 新宿バルト9ほかにて期間限定上映開始
zero-one-others.jp

■2021年8月27日(金)配信開始
MONKEY MAJIK
「Frontier」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015