ニュース

アジカン伊地知潔率いるPHONO TONES、ビクター移籍第1弾シングル配信開始&MV公開

PHONO TONES   2021/07/07 12:48掲載
はてなブックマークに追加
アジカン伊地知潔率いるPHONO TONES、ビクター移籍第1弾シングル配信開始&MV公開
 今年バンド結成10周年を迎えるインストゥルメンタル・ジャム・バンド、PHONO TONES(フォノ・トーンズ)が、ビクター移籍第1弾先行配信シングルとして「The sky’s the limit」を7月7日(水)に配信スタート。あわせて、ミュージック・ビデオを公開しています。

 鳴り響くペダル・スティールのメロディと晴れ渡る軽快なビートで、インストゥルメンタル界に新しい風を吹き込んできたPHONO TONES。数多いるインスト・バンドの中でも、唯一無二となるペダル・スティール・ギター奏者を要し、その深く増幅される弦の音色で、よりオーガニックで開放的なミュージック・スタイルを導入し、屋外フェスから都市型のイベントまで幅広く支持されています。

 「The sky’s the limit」は、まるで70年代のソウル〜ファンク〜ディスコのバンド・サウンドのような高揚感、伊地知潔のタイトなドラミングに猪股ヨウスケの深く太めなベース・ライン、飯塚純の軽快な鍵盤捌きと、美しく湧き上がる宮下広輔のペダル・スティールの音色が絡み合う、アニヴァーサリー・イヤーを彩るハッピー・サッドなダンス・チューンに仕上がっています。

 なお、PHONO TONESは、7月16日(金)に大阪・GANZ toi,toi,toiにてワンマン・ライヴ〈ワッショイ!GANZ toi,toi,toi 〜また逢うその日まで〜〉を開催。また、7月17日(土)愛知・名古屋 JAMMIN’での〈INST.ON STAGE〉、7月28日(水)神奈川・F.A.D YOKOHAMAでの〈F.A.D 25周年シリーズ“210728”〉に出演します。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

[メンバー コメント]
今年で10年目。色々なさそうでも色々あった。きっとこれからも色々ある。潔さん、純さん、猪股とこれからも色んな景色を見に行く。皆様よろしくお願いします。
――宮下広輔(Pedal Steel)

のんびりと10年間活動してきたPHONO TONESのエンジンがやっと温まってきました!この調子でギアを上げていきたいと思います。僕らを見ていて下さい!
――伊地知潔(ds / ASIAN KUNG-FU GENERATION)

心機一転、頑張りますのでよろしくお願いします!
――猪股ヨウスケ(b / Dr.DOWNER)

楽しみを改めて実感しているバンドの温度を楽しんでいただけら幸いです。久しぶりの新曲。何卒!
――飯塚純(key / UNDER LIFE)

拡大表示




■2021年7月7日(水)配信開始
PHONO TONES
「The sky’s the limit」

jvcmusic.lnk.to/phonotones_theskysthelimit
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015