ニュース

プラシーボ、重厚で美しい4年ぶりの新作を発表

プラシーボ   2013/09/06 14:46掲載
はてなブックマークに追加
プラシーボ、重厚で美しい4年ぶりの新作を発表
 1990年代より活躍、その独特の美意識にあふれる世界観で、日本でも熱狂的なファンの多いプラシーボ(Placebo)が、4年ぶり通算7枚目となるアルバム『ラウド・ライク・ラヴ』(輸入盤)を9月16日に発表します。

 U2ポール・マッカートニーレッド・ホット・チリ・ペッパーズなどとの仕事で知られるアダム・ノーブルをプロデューサー / エンジニアを迎え、ロンドンで制作されたアルバムは、プラシーボらしい重厚さと美しさを兼ね備えた仕上がりになっている模様。また、オフィシャル・サイトでは、9月4日から毎日1曲ずつ新曲を公開しており、発売当日の16日夜(英国時間)には、新作のパフォーマンスや関係者へのインタビューを交えた『Loud Like Love TV』を生放送する予定です。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015