ニュース

PUSHIM、昭和歌謡&ポップスをテーマにしたカヴァー・アルバム発表 「ラストダンスは私に」など収録

PUSHIM   2016/09/13 14:03掲載
はてなブックマークに追加
PUSHIM、昭和歌謡&ポップスをテーマにしたカヴァー・アルバム発表 「ラストダンスは私に」など収録
 PUSHIMが、2012年にリリースした『The Great Songs』に続く2作目のカヴァー・アルバム『THE ノスタルジックス』を11月16日(水)にリリースします。本作は、美空ひばりも歌った「Over The Rainbow」の日本語ヴァージョンをはじめ、井上陽水「傘がない」、越路吹雪「ラストダンスは私に」、浜村美智子「DAY-O バナナ・ボート」、水原 弘「黄昏のビギン」、坂本 九「見上げてごらん夜の星を」、山口百恵「プレイバックPart2」、南 佳孝「モンローウォーク」など、50年代〜70年代の昭和歌謡&ポップスをテーマにした選曲となっており、プロデューサーとして、DJ MUROHOME GROWN韻シストLITTLE TEMPOらが参加。また、今年2月に行なわれた東京・浜離宮朝日ホール公演の音源から数曲をボーナストラックに収録予定です。

 “カヴァー・アルバム”について、「1作目の『The Great Songs』の企画が持ち上がった際は、“今流行のカヴァー集”を出す事に抵抗があり、気持ちがしっくり来ない、そんなスタートだったと覚えています。しかし、録音に取りかかり始めると他人(ひと)が作った歌を唄う楽しさ、奥深さを存分に知りました。自分に持っていないメロディー、リズム、そして言葉の運び、全てが新しいものとして私の血となり肉となりました。要するに、勉強させて貰ったのです」と、PUSHIMはその作用をコメント。

 また、今回の『THE ノスタルジックス』については、「私が幼き頃から耳にしてきた古い日本の歌謡曲を、私なりに解釈し、マイクへと解き放ったものです。これらの楽曲達のひとつひとつの歌詞は本当に素晴らしいものばかりです。心の模様を形容する言葉、語りとなる行間、そして歌い手の表現力。この全てに私自身超える事は出来ませんが、私の世界、そして新曲として聴いて下さい」と語っています。12月に開催されるライヴ〈PUSHIM「YEAR END PREMIUM LIVE 2016」〉では、カヴァー曲もこれまで以上にたっぷり披露する予定。

■2016年11月16日 (水) 発売
PUSHIM
『THE ノスタルジックス』

TKCA-74430 3,000円 + 税

[収録曲 / 曲順未定]
「DAY-O バナナ・ボート」(浜村美智子 / 1957年)
「黄昏のビギン」(水原 弘 / 1959年)
「Over The Rainbow 虹の彼方に」(美空ひばり / 1961年)
「ラストダンスは私に」(越路吹雪 / 1961年)
「見上げてごらん夜の星を」(坂本 九 / 1963年)
「傘がない」(井上陽水 / 1972年)
「プレイバックPart2」(山口百恵 / 1978年)
「モンローウォーク」(南 佳孝 / 1979年)
〈Bonus Track〉
「A Place In The Sun(Live ver.)」(スティービー・ワンダー / 1966年)ほか
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015