ニュース

女性ギタリスト、A.ロートン擁するラマタムの2作が紙ジャケ化

ラマタム   2006/08/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1972年にデビュー、2枚の作品を残して消滅した米国のラマタムの作品が、紙ジャケットとして日本でも発売されることになりました。このラマタム、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのミッチ・ミッチェル(ドラムス)、ブルース・イメージ〜アイアン・バタフライのマイク・ピネラ(ギター、ヴォーカル)らによって結成され、美形の女性ギタリスト、エイプリル・ロートンが在籍したことで知られています。ロートンの見事なテクニックは現在でも評価が高く、米国のハード・ロックを紐解く際には必ず名前の出てくるバンドです。

 今回紙ジャケ化されるのは、ブラスも交え、異様なテンションで迫る1st『ラマタム』(写真・72年)と、ミッチェルとピネラが脱退、メンバーを一新しての2nd『暁の妖精』(73年)。発売は10月21日の予定です。いずれも日本では初のCD化となりますので、紙ジャケ云々を抜きにしても、未聴のロック・ファンはぜひチェックしてみてください。それにしても、ロートン嬢がこの後ロック・シーンから消えてしまったのは、やはり残念……。

<ラマタム紙ジャケット>
※( )内は原題
『ラマタム(Ramatam)』(VICW-60034 税込\2,625)
『暁の妖精(In April Came The Dawning Of The Red Suns)』(VICW-60035 税込\2,625)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015