ニュース

ピンク・フロイドのキーボード奏者、リック・ライトが死去

リチャード・ライト(リック・ライト)   2008/09/16 15:25掲載
はてなブックマークに追加
 ピンク・フロイドのオリジナル・メンバーでキーボード奏者のリック・ライト(リチャード・ライト/Richard Wright)が9月15日、癌のため死去した。65歳でした。

 リック・ライトは、建築学校の同級生であったロジャー・ウォーターズ(b、vo)とニック・メイスン(ds)、そしてウォーターズの友人であったシド・バレット(g)とともに、のちにピンク・フロイドとなるバンドを65年に結成。67年のデビュー以後、『原子心母』『狂気』などのロック史に残る名作に参加し、「虚空のスキャット(The Great Gig in the Sky)」(『狂気』収録)などの楽曲を書き残しています。

 ウォーターズとの対立により、『ザ・ウォール』制作時にバンドから一度脱退するものの、80年代後半にデヴィッド・ギルモアを中心に再始動した新生ピンク・フロイドに復帰。『鬱(うつ)』(87年)『対(TSUI)』(94年)のオリジナル・アルバム2枚に参加しています。なお、ソロとしては『ウェット・ドリーム』(78年)『ブロークン・チャイナ』(96年)という2枚のアルバムを発表。近年に新たなソロ作制作の計画が伝えられていました。

 親しい仲であったギルモアは、「誰もリック・ライトの代わりはできない。彼は僕の音楽パートナーであり友人であった」と追悼のコメントを発表。また「彼は温和で謙遜な性格だったので人前に出たがらなかったが、彼のソウルフルな歌声と演奏は、ピンク・フロイドのサウンドにおいて極めて重要で魔法のような存在だった」ともコメントしています。

 ギルモアが語るように、フロイドのサウンドにおいて大きな役割を担っていたリック・ライト。これからも人々に記憶されていくでしょう。心よりご冥福をお祈りします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015