ニュース

ピンク・フロイドのキーボード奏者、リック・ライトが死去

リチャード・ライト(リック・ライト)   2008/09/16 15:25掲載
はてなブックマークに追加
 ピンク・フロイドのオリジナル・メンバーでキーボード奏者のリック・ライト(リチャード・ライト/Richard Wright)が9月15日、癌のため死去した。65歳でした。

 リック・ライトは、建築学校の同級生であったロジャー・ウォーターズ(b、vo)とニック・メイスン(ds)、そしてウォーターズの友人であったシド・バレット(g)とともに、のちにピンク・フロイドとなるバンドを65年に結成。67年のデビュー以後、『原子心母』『狂気』などのロック史に残る名作に参加し、「虚空のスキャット(The Great Gig in the Sky)」(『狂気』収録)などの楽曲を書き残しています。

 ウォーターズとの対立により、『ザ・ウォール』制作時にバンドから一度脱退するものの、80年代後半にデヴィッド・ギルモアを中心に再始動した新生ピンク・フロイドに復帰。『鬱(うつ)』(87年)『対(TSUI)』(94年)のオリジナル・アルバム2枚に参加しています。なお、ソロとしては『ウェット・ドリーム』(78年)『ブロークン・チャイナ』(96年)という2枚のアルバムを発表。近年に新たなソロ作制作の計画が伝えられていました。

 親しい仲であったギルモアは、「誰もリック・ライトの代わりはできない。彼は僕の音楽パートナーであり友人であった」と追悼のコメントを発表。また「彼は温和で謙遜な性格だったので人前に出たがらなかったが、彼のソウルフルな歌声と演奏は、ピンク・フロイドのサウンドにおいて極めて重要で魔法のような存在だった」ともコメントしています。

 ギルモアが語るように、フロイドのサウンドにおいて大きな役割を担っていたリック・ライト。これからも人々に記憶されていくでしょう。心よりご冥福をお祈りします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015