ニュース

s-ken、35年ぶりに伝説のサブカルイベント〈カメレオンナイト〉を復活

S-KEN   2023/11/24 13:35掲載
はてなブックマークに追加
s-ken、35年ぶりに伝説のサブカルイベント〈カメレオンナイト〉を復活
 80年代から90年代にかけて、東京や大阪のクラブシーンを席巻した、血湧き肉躍るバブル時代の饗宴と称されるs-kenプロデュースの伝説のクラブ・イベント〈エスケンのカメレオンナイト〉が、35年ぶりに復活します。

 〈エスケンのカメレオンナイト〉は、音楽プロデューサー、歌手、ソングライター、著作家、DJなど多くの肩書きで知られるs-kenが、東京のクラブシーンの創成期の代表的拠点のひとつ「インクスティック六本木」から依頼を受けてスタート。同店がクローズした1989年7月末以降は、インクスティック芝浦ファクトリーを拠点に、「TOKYO SOY SOURCE」からはじまったバンドとDJによる共演スタイルをはじめ、ダンス、パントマイム、マジックから伝統芸能、大道芸までをとりこんだ音楽の枠を越えた前代未聞のクラブイベントとして開催されました。DJバーインクスティック、インクスティック鈴江ファクトリーのグループ店舗のほか、Jトリップバー、恵比寿ファクトリー、クラブチッタ川崎、青山CAYや、大阪のパラノイアなどでも開催され、1995年8月までの6年間、s-kenのイベントプロデューサーとしての伝説的代表作となりました。同時期には、サルサ、ブーガルー、マンボなどのラテン・ミュージックをブレイクさせようとラテン特集の番外編として「東京ラテン宣言」を立ち上げ、脚光を浴びました。

 35年ぶりの復活となる「エスケンのカメレオンナイト2024」は、2024年1月21日(日)にイーストリバーサイドカルチャー勃興のスタート地点とも言われる、築100年の歴史的建造物をリノベーションしたゴージャスなホテル「HOTEL K5」(ホテル ケーファイブ)」の地下、「B by the Brooklyn Brewery」にて開催。1月17日(水)にはs-ken自身77回目の誕生日を迎えることもあって、豪華な出演者たちも結集。近年はEGO-WRAPPIN'森雅樹らとのユニット“s-ken & far east sessions”を結成するなど、さらに精力的に活動しているs-kenのアンチエイジングな姿勢に、老若男女問わず感化される良い機会となりそう。当時を知る人はもちろんのこと、新しい価値観を探している若者たちにも有意義な、クラブジャズとラテンムーブメントの一夜に注目です。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


「エスケンのカメレオンナイト2024」
s-ken presents chameleon night 2024(S-KEN Birthday Anniversary)
2024年1月21日(日) 開場18:00 / 開演18:15〜21:15
会場:「HOTEL K5」B by the Brooklyn Brewery(中央区日本橋兜町3-5 K5 B1)
k5-tokyo.com
TEL 03-6661-0616

料金:
予約 3,000円 メール予約 yoyakusken@gmail.com 
当日 3,500円
ドリンク650円より(電子マネー、PayPay、Suica、クレジットカードなど)

出演:
東京パノラマ マンボ ボーイズ(コモエスタ八重樫、ゴンザレス鈴木、パラダイス山元)
ミス キャバレッタ(バーレスクダンサー)
高宮永徹(DJ Flower Records)
森雅樹(DJ EGO-WRAPPIN')
原田芳宏(スティールパン)
佐野篤(ベース&etc)
aco (トライバルフュージョンベリーダンサー)
s-ken&小林創(歌&ピアノ)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015